2016年01月26日

ほんのちょいっと・・鉄

10日近くもまともに列車の写真を撮ってないと鉄分欠乏症に・・
眠くて体がだるい・・このままでは重篤になりかねないと判断??
ほんの少し時間が空きましたので・・ちょうど「特別なトワイライト」の走る時間。。。

大蔵谷駅へ・・
すぐに来ました。。
えらいスピードです。。それもそのはず、この辺りから大阪まで40分少々・・機関車けん引、最高速度110キロの客車列車としては限界値に近いですから・・
天文科学館バックです・・いつもの場所でいつもの通り。。
0126大蔵谷トワイライトEF651124a.JPG

ワイドで編成全体・・
0126大蔵谷トワイライトEF651124c.JPG

去っていく客車編成・・
0126大蔵谷トワイライト後尾.JPG

この列車、毎週一往復の運転ですが、いよいよ、ラスト運行日まで二か月を切りました。
でも、わがままを言えば、当初の国鉄特急色のロクゴ・・あの清潔感がよかったのになぁ・・

さて、明石へ出て軽くヒルを食ってから・・
今度はJRで垂水へ・・
ホーム端に陣取ります。
来ました!!
本日のメインもう一方。。
EF200-10!!
EF210の運用変更ということでEF200にしては飛ばしてやってきます。
0126垂水EF200-10.JPG

接近します!!
0126垂水EF200-10アップ.JPG

EF200がいつまで残るのか、非常に気になります。
で・・225系新快速・・
前面の転落防止柵取り付け編成・・
やはり、521系や227系のような安心感がないのです。
なんかとってつけたようで…・デザイン的には残念。。。
0126垂水225.JPG

221・223・225は奈良の8連を除く全車両がこのイメージになりますから、いわゆる前幌なしの写真を撮影される方はお早めに。。

追記:
小説サイト「STORY・・小さな物語」更新しました。
「海の底」
あ・・18禁ね。。。。
http://blog.goo.ne.jp/kouzou1960/e/40d6f5e450478754944a620a68f38166
posted by こう@電車おやじ at 20:20| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

山元加津子先生IN垂水!!

たんぽぽの仲間たち」「白雪姫プロジェクト」の山元加津子先生がなんとわが垂水区、それも自宅から歩いて行ける舞多聞の「オラシオン」というカフェに来てくださいました。
本当は何より誰かを連れて行って、先生の話を聞いてほしいのですが、時間的制約の中で、自分一人で出かけました。
オラシオンの方とは事前に何度かメールをやり取りしていただき、おじさん一人、会場に混ぜていただけたのです。

講演会は午後3時からとのことでしたが、午後1時から先生主人公の映画「1/4の奇跡」を上映してくれるとのこと。
この映画は何度か見ていますが、これまであまり画質が良くなく、一度きちんと見ておきたいと思っただけに喜んでで映画上映から参加させてもらいました。
参加される方が皆、遠方からお越しの中、僕一人地元で申し訳ない限りです。
映画が始まる前、会場に先にお顔を見せてくれた「付き人」と自称しておられる・・小林さんとあいさつを交わすことができました。

で・・1/4の奇跡、この映画は僕は先生と出会うきっかけとなった「大ちゃん」「雪絵ちゃん」の話から始まり・・
きちんとした大型モニターで見せていただくととてもクリアで、かつて苦境にあった僕を助けてくれた大ちゃんの詩が次々に流れ・・
「さびしいときは心のかぜです。
 せきして、はなかんで
 やさしくして ねてたら
 1日でなおる」

涙腺崩壊まじか・・僕はこの詩に助けられたのです。
そうや、そんなもんなんや・・そやけど、この詩を書いてくれた人はどんな人だろう・・
え?中学生??
そこで知ったのが当時、「たんぽぽの仲間たち」を運営しておられた山元加津子先生、最近はみなさんが「かっこちゃん」と呼ぶ人・・でした。
感動して、当時、サイト内にあった掲示板に書き込み、するとすぐに先生からの僕の掲示板に書き込みがあり、それで今に至っています。

そして、雪絵ちゃん・・
「ありがとう」というエッセイです。
「私決めていることがあるの。この目が物をうつさなくなったら目に、そしてこの足が動かなくなったら、足に「ありがとう」って言おうって決めているの。今までみえにくい目が一生懸命見よう、見ようとしてくれて、私を喜ばせてくれたんだもん。いっぱいいろんな物素敵な物見せてくれた。夜の道も暗いのにがんばってくれた。足もそう。私のために信じられないほど歩いてくれた。一緒にいっぱいいろんなところへ行った。私を一日でも長く、喜ばせようとして目も足もがんばってくれた。なのに、見えなくなったり、歩けなくなったとき「なんでよー」なんて言ってはあんまりだと思う。今まで弱い弱い目、足がどれだけ私を強く強くしてくれたか。だからちゃんと「ありがとう」って言うの。大好きな目、足だからこんなに弱いけど大好きだから「ありがとう。もういいよ。休もうね」って言ってあげるの。多分誰よりもうーんと疲れていると思うので・・・。でもちょっと意地悪な雪絵はまだまだ元気な目と足に「もういいよ」とは絶対に言ってあげないの。だってみたい物、行きたいところいっぱいあるんだもん。今までのは遠い遠い未来のお話でした。」

MSという難病の少女が書いたもの・・だのになんて強くて優しいんだろうと、心底感嘆しました。
果たして僕たちは、自分をはじめとしたあらゆるものに感謝して生きているだろうかと・・考え込んでしまいました。
決して悲観ではない、前向きで明るくておおらかな気持ち、「かっこ先生」と出会った僕は、雪絵ちゃんの気持ちが「たんぽぽ」に掲載されるのが楽しみでした。
でも、少女は真っ白な雪の日に旅立ちました。

あの頃を思い出して涙腺が崩壊していく中、映画に「みやぷー」の元気な姿が一瞬見えたり、一昨年来、本当に親しくしていただいているミュージシャン、本多裕子さんが出てきたり・・
改めてみるとよい映画・・映画だけですっかり感極まってしまいます。

人類にとって実は障がいを持った人があることで、人類が守られてきたのだというお話・・それが1/4の奇跡ということです。
詳しく知りたい方は、「たんぽぽ」「白雪姫」へどうぞ。。
そして待望の講演・・
やはり大ちゃん、雪絵ちゃん、僕が先生と出会った頃の子供たちの話はとても素敵で、でも涙腺はますます崩壊してしまいます。

スマホでちょっとだけ撮った本日の写真・・
写りは良くないかもですが、雰囲気だけでも・・
小林さん・・「キムタク」だそうで、ちょっとここに来たことは内緒に・・って皆を笑わせてくれます。
0123小林さん (800x450).jpg

山元加津子先生・・静かでありながら力強い、ものすごく大切なことをとても優しく伝えてくれる独特の話し方です。
0123かっこ先生2 (800x450).jpg

講演の中で、先生は僕のことも紹介してくださいました。
終わってからじっくりお話ししたい方ですが・・切実に先生のお話を直接聞きたいと思っておられる方がたくさんあります。
今日は、わが地元にお越しいただけただけで十分満足して、それでも、いつも一言、二言だけで・・メールやお電話では何度もお話はしているのですが、じっくりとお話を伺いたいと思います。

次の火曜から映画撮影のためにネパールへ行かれるとのこと、この人の一見、無謀とも見える行動力はどこから来ているんだろう・・小さな体のどこにあんなとてつもないパワーが眠っているんだろう・・

そういえば思い出したこと、「みやぷー」がどうにか回復してきて、でも、そのリハビリがあまりにもきつく僕には見えたから、多分僕は「先生、もう少しゆっくりでもいいと思います」・・みたいなことをお伝えしたように思います。
するとその返事が・・「いえ、今、しなくてはならないのです」
あの時の先生と「みやぷー」の頑張りがあったから今があるのですね。

講演が進むにつれ、優しいけれど、厳しい、厳しいけれど、温かい・そんな風に思った頃がふっと蘇ってきました。
この不思議な、宝物のような「かっこ先生」・・どうか、どうか、元気で長く活躍されますように!

それから、母が脳出血で倒れたころのこと・・みやぷーのお話を伺うといつもあの頃が返ってきます。
当時の加古川の病院で野村医師という、ものすごく優しいドクターが「患者さんのところで患者さんの病状の話は絶対にしないでください、患者さんは全部聞いておられます」と言われたこと・・
「私は自分の技術には絶大な自信があります。でも、病気を治すのはご本人とご家族です。どうか、ご家族で協力して立ち向かってください」と言われたこと・・
思えば、「本当のこと」にものすごい近いことだったんだなぁ・・
母は生存確率50%、そのさらに半分が植物状態ではなく意識が戻る・・さらにその半分が自分で動くことができる・・さらにその半分が社会復帰できる・・そういわれていました。
母は一度社会復帰して、15年ほど働き、その後腎臓の病気で倒れ、今、わが地元で透析を受けています。、

さて、僕は今夕も母宅の食事の用意があります。
ご挨拶もせず、さきに「オラシオン」を出てしまいました。
早くいかねばスーパーで良いものが手に入らなくなる・・そういう自分の焦りからですが、半面、ものすごく後ろ髪を引かれるというか・・そんな気持ちでした。

次はまたどこかでゆっくりお会いしたいですね。
かっこ先生、お元気でネパールでのご活躍、そして元気で帰ってこられることを祈っております。
posted by こう@電車おやじ at 22:42| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

春はダイヤ改正花盛りになりそう・・

寒いですね。
寒いのが得意の僕ですが、気温が低いのは嬉しいのですが、雪の恐怖が。。
雪は好きですし、写真に撮るのも大好きなんですが、仕事の場合、危険極まりない状況に追い込まれますし、一昨年のように他社がほとんど運休ということになったらもう、大混乱でどうにもならなくなります。。
どうか、今冬はそれはありませぬように・・

で・・春のダイヤ改正、JRグループは北海道新幹線と合わせて全線のダイヤ改正を3月26日に行います。
これはもう、新聞報道等で出ておりましたのでご存知の方も多いかと思われますが、待望の・・私鉄グループのダイヤ改正が発表になりました。
JRの1週間前の3月19日、土曜日・・線路がつながっている山陽・阪神・阪急・近鉄と京阪がダイヤ改正を行います。
地元山陽は以下の通りだそうです。

++++++


【本 線】
平 日・土休日とも
・一部の直通特急の停車駅を見直し、速達性を向上させます。
現在、昼間時間帯の直通特急は、1時間4本のうち2本を「山陽須磨駅〜阪神神戸三宮駅間各駅
停車」させていますが、東須磨駅と須磨寺駅を通過とし、「板宿駅〜阪神神戸三宮駅間各駅停車」に
変更することにより、所要時間を山陽姫路駅〜板宿駅間で約2分、山陽姫路駅〜阪神神戸三宮駅間
で約1分短縮します。
・上り最終直通特急の行先を阪神「御影駅」から阪神「尼崎駅」に延長します。
平 日
・朝ラッシュ時間帯の上りS特急の行先を、利用実態に合わせて運転時間帯を約10分前倒しすると
ともに、現在阪神神戸三宮行き4本・山陽須磨行き1本の行先を、5本全て阪神神戸三宮行きにし
ます。
・朝ラッシュ時間帯の上り普通車と直通特急の接続駅を見直します。これにより、朝ラッシュ時間帯
の直通特急の東二見駅〜山陽明石駅間の所要時間を約10分から約9分に、約1分短縮します。

*******

黄色直特の不評な12駅連続停車が少し改められるようです。短縮効果より、精神的な効果を狙ったものでしょうね。
気になるのが須磨寺と東須磨、毎時2本当たり列車本数減少・・せめて、毎時二本の須磨止普通を新開地まで延長できないのでしょうか。

あとの鉄道は以下の通りです。
阪神・・快速急行運転時間帯の拡大、区間特急の始発駅を青木から御影に変更、直特の増発と最終上りの行き先を御影から尼崎へ・・

阪急神戸線・・増結解放する朝の運用の減少、10連通勤特急に女性専用車両、深夜時間帯の快速急行増発、一部特急のスピードアップなど。
近鉄・・・・・全線区で改正となるようです。特急停車駅の見直し、特急の増発や区間変更など、朝ラッシュ時間帯の充実、阪神との快速急行運転時間帯の拡大・・など。

京阪・・・・・平日日中の急行を準急に統合、土休日に快速特急、快速急行の運転、特急のスピードアップなど・・

久しぶりにわずかですが、積極策に出たような感じがします。
ここで、私鉄に踏ん張ってもらいたいところですが、阪神の甲子園、魚崎あたりの改築が進まないとこれ以上の改正は無理という感じでしょうか。
次は来年に期待ですね。

さて、「国鉄・私鉄の思い出」更新しました。
今回は「別府鉄道、最後の記憶」です。
http://kokutetu.blog.eonet.jp/117/2016/01/post-705a.html
別府鉄最終列車キハ101c.JPG

最終列車の記憶・・飛んでいた部分がネガを探せたことで蘇ってきました。
別府鉄道は廃止から間もなく32年になるんですね。
紅顔の美少年もただの酒飲みおやじ・・ですわ。。。
posted by こう@電車おやじ at 22:51| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

特別なトワイライトと紅い電機と津村先生リサイタル

日記書くの久しぶりです。。
どうも公私ともぐちゃぐちゃの状態で・・何がなんやら・・
国鉄・私鉄の思い出ブログなんて、すでにテーマも決めて写真もスキャンしているのに画像処理にかかれず数日・・
で・・この状態、あと一週間続きます。。

そんな中、姫路で以前にカメラのことで相談があると紹介していただいた・・声楽家の津村先生のリサイタルがありました。
これはどうしても行かねばならない・・

同じ行くならちょっと無理して早起きして・・鉄分補給してから・・
今朝の睡眠は4時間弱でした。。。。

まずは垂水で・・「特別なトワイライト・山陽コース下り」の撮影。
207系電車と並んでやってきました。
牽引機はトワイライト塗装となったEF651124です。
0116垂水トワイライト・207a (800x536).jpg

接近します。
0116垂水トワイライトd.JPG

滑るように目の前を過ぎていきます。
0116垂水トワイライト・207f.JPG

後尾のスウィート、明石海峡大橋主塔の方向へ去っていきます。
0116垂水トワイライト後尾.JPG

で・・大蔵谷駅へ移動・・
EF200-10が来る時刻を一瞬読み間違え・・この有様・・写真としては面白いけどね・・
0116大蔵谷EF210-10 (800x536).jpg

紅い電機、EF510-3!!
0116大蔵谷EF510-3b.JPG

国鉄型ロクロクゼロ、EF6626!!
0116大蔵谷EF6626 (800x537).jpg

阪神電車が並んでくれました!!
あ・・シャッター速度落とすの忘れてた。。
カラー液晶は辛い。。
0116大蔵谷阪神8214・8244 (800x537).jpg

で・・明石から直特、阪神8000のクロスシートで姫路へ・・
本日は乗車時の焼酎なし、代わりにブラックコーヒー缶を持っています。。

キャスパの七階ホールに着くと開場まえなのに大勢の方々・・
津村先生は地元では有名な声楽家なのです。
誘っていただいた鉄道友達お二人が既に待っていてくれ、一緒に入りました。
ただし、会場は一切撮影禁止・・
声楽といえば、写真屋時代、ずっとY先生の教室の発表会を撮影させてもらっていたこともあり、カメラを持たないと手持ち無沙汰・・
だったのは初めだけで・・
リサイタルが始まると、ドンドン引き込まれていきます。

クラシック系ばかりの歌曲かと思いきや、歌謡あり、ポップスあり、ラテンあり、ジャズあり・・
中身が濃くて、それに知っている曲がほとんど・・
歌う津村先生もなかなかの美人ですが、ピアニストの方のムードも満点・・
これはいいイベントに誘っていただいたと、感激しながら見ていました。
市井の芸術家、写真屋時代にはこういった方々大勢に囲まれていたわけで、久しぶりにあの感覚が甦ります。
終演後にちょっとだけ撮影させてもらいました。
0116津村先生a   .JPG

ご挨拶して僕は別の用事がまだ二つあります。。
先生にご挨拶して、友人には深く感謝して
0116津村先生b.JPG

・・今度はJRに乗って宝殿へ・・

年末に会ったきりの弟と会い、頼まれていた画材を渡し、折角だからと駅近くに出来たラーメン店「みたか」で軽く食事しました。
ラーメンとおでんと言う、神戸人には懐かしい組み合わせ・・
かの二国ラーメンも当初はラーメンとオデンだったのです。。

このお店は噂に聞いていましたが大正解、宝殿に来る楽しみが出来ました。
写真は撮る余裕が・・・・

弟と別れ、今度は母宅の食事用意・・急いで舞子へ帰ってきたのは言うまでもありませんが、やはり221系、快適ですね~~~
で・・一昨日からサブパソコンからのフェイスブックがどうもおかしい・・
どうにもこうにも何をしても使えない・・
今、我が家のメインパソコンからこれを書いていますが、メインは既に半分以上娘たちのものと化しているので・・
いま、サブパソコン再設定中・・
忙しいのになぁ・・・

また今日、書きもれたことは後日ということで。。


posted by こう@電車おやじ at 21:37| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

名古屋弾丸電車の旅

1月6日、やっと取れた正月休みの最終日・・
前日にチケット屋で近鉄の株主券を入手、今回は青春18切符を手に入れることが出来ませんでしたので、始めは湖西線あたりへ関西ワンデイチケットで行くつもりだったのですが・・前日に予定変更となりました。。
1月6日の始発山陽バスに乗車・・車内で「垂水舞子ワンデイチケット阪神版」を購入・・これで名古屋往復すべての列車が理論上は乗れることになります。。(近鉄特急に乗る場合は特急券は別に必要です)

山陽電車5000系5201号のクロスシートに座って・・やがて列車は板宿辺りからラッシュの様相・・そのまま劇混みになって行き、ホント、通勤の方がたくさんおられる列車で遊びに行くのは気がひけます。。
尼崎で阪神なんば線に乗り換え、いったん大阪難波で改札を出てチケットを替えて再入場、大阪線には始発から乗りたいので上本町で地上ホームへ・・
上本町8時15分発、快速急行五十鈴川行き・・ホームには南海までとは言わないまでも使い込んだベテラン車両が並びます。
で・・この電車、2610系だったんですが、かつてオール固定クロスの4ドア電車と言う珍しい存在でした。
今は普通のロングシート・・これで・・1時間50分ほど乗車・・・
座席はやわらかくていいんですけどね・・
0106近鉄2625車内.JPG

この電車にはトイレが設けてあって、そのトイレ前だけ向かい合わせの昔のシートが残っていました。
国鉄の113系より狭い感じのシートで、通路側の肘掛がないんです。
そういえば、小学校の修学旅行、伊勢まで往路は二階建て「あおぞら号」でしたが復路はこの系列の電車でドア横に補助いすのあるタイプでした。
0106近鉄2600系残存クロス.JPG

まだ学生さんは冬休みとあって電車は空いています。
そして朝晩だけしか走らない快速急行は停車駅が本当に少なく、長い間ドアを明けずに走ってくれます。
ロングシートで姿勢を崩して、やわらかい座席は丸でちょっとしたソファのよう・・(良く言いすぎか)
焼酎を舐めながら・・寛ぎます。
特急より遅い列車ですが、特急に抜かれたのは名張で一度だけ、二本まとめて抜かれたときだけでした。
快調にすっ飛ばしてくれます。
(もしかしてほかに抜かれたかもしれませんが寝てたので・・)

伊勢中川到着・・乗り換え・・
0106近鉄2625中川.JPG

直ぐに隣のホームに名古屋行きの急行が入ってきました。
0106近鉄2625・1212中川.JPG
なんと、こちらもロングシート・・近鉄名古屋線急行はクロスシート車が多いと聞いていただけにがっかり。。
でも、車内は若い女性が多く華やいだ雰囲気・・
しかも電車は結構飛ばします。
このあたりはJRで言えば毎時1本程度しか電車のない区間・・近鉄の電車は大都市交通圏であることを示すかのように特急・急行・準急・普通と行った列車が頻発しています。
たぶん地元の山陽電車より列車密度は高い。。

江戸橋と言う駅で特急二本に抜かれました。
アーバンライナーとビスタカーでしたが、反対側のホームに「かぎろひ」という団体専用列車が・・
0106近鉄かぎろひ江戸橋.JPG

さて・・上本町から3時間以上を要して近鉄名古屋着・・
1016近鉄1060名古屋到着.JPG

上本町・名古屋間、全区間をロングシートで乗りとおす羽目となったわけです。。
近鉄の座席はやわらかいし、混んでいなければ快適ではありますが・・
5200系はどこに行った〜〜〜〜途中でも見なかったぞ。。
クロスシートは最初の山陽電車だけ。。。

名古屋からちょっと戸惑い迷いながら「あおなみ線」へ・・
名古屋臨海高速鉄道と言う会社で貨物列車も走っているようです。
あとで撮影したあおなみ線電車・・
近代的ですが全く色気のない・・車内も悪くはないけど格段見るところのない不思議な電車です。
20メートル級3ドア、そういえば最近、JR東海もローカル用313系がロングシートになっていたっけ・・
0106あおなみ線1602名古屋.JPG

向かった先は金城ふ頭、JR東海の「リニア・鉄道館」があるんです。
車窓からあきらかにDD13と、思しき機関車が・・
DD55などと言う形式ですが・・すでにDD13自体が見られないので非常に貴重ですね。。
0106名古屋臨海DD55.JPG

EF66・・33号機だ!!
0106名古屋臨海EF6633.JPG

金城ふ頭までは19キロ、24分もかかります。
これでは伊勢湾の地形を考えると・・桑名辺りまで来ていそう・・・
と・・後で調べると、真上を走る高速道路は桑名につながっているし、ここを東へ行くと常滑線の太田川辺りなんですね・・

さて、平日とあって博物館は空いていました。
最初にリニアモーターカーや新幹線の300XがC62と一緒におかれていますが・・ここでは割愛し・・
展示室へ・・
これこれ〜〜〜!!
新幹線4種が並んでおりました。
700・300・100・0の4系列の先頭車両です。
歴代と言うには・・ギネス記録保持者の500系がないのが・・(^^;
JR西の車両は置かないって言うのは仕方ないのかなぁ・・新幹線レコード記録保持者なのに。。
ここに500系を持ってきたらJR東海さんの懐の深さを思い知るんですが。。
0106リニア館新幹線4種俯瞰.JPG

車内にも入れます。
0系車内。
懐かしいこの転換クロス・・
0106リニア館0系車内.JPG

食堂車も2両、展示されていてその車内。
こちらは0系。
懐かしいなぁ・・しょっちゅう乗ってここでメシ食っておりました。。
0106リニア館0系食堂車車内.JPG

100系の食堂車内。
これも懐かしい・・とっても景色が良かったんです。。
0106リニア館100系食堂車車内.JPG

メニューを置いてあるし、料理見本も飾ってくれていますが・・ここで生ビールとか、ちょっとした料理とか・・いただきたいなぁ・・
あ・・この博物館、簡単なスナックコーナーはありますが、お酒は一切置いておりません・・残念。。

で・・モハ52から新幹線を・・
0106リニア館モハ52・新幹線4種.JPG

100系食堂車の外観・・この電車が走っていた頃・・ちょうど僕が頻繁に広島へ通っていた頃と重なります。
0106リニア館100系食堂車.JPG

そのモハ52、吹田にあるのがモハ52001、狭い窓のタイプです。
こちらは広い窓のモハ52004、むか〜〜し、豊橋で出会った電車です。
0106リニア館モハ52004俯瞰.JPG

モハ52の横には381系、その隣が0系・・
0106リニア館モハ52.クハ381.0系.JPG

モハ52車内・・
0106リニア館モハ52車内.JPG

会いたかったモハ52のこの美しさ!!
106リニア館モハ52004.JPG

モハ1の姿も・・
1035号、木造国電と言う貴重な存在です。
0106リニア館モハ1035.JPG

その車内・・
0106リニア館モハ1035車内.JPG

で・・クハ111-1・・
0106リニア館クハ111-1.JPG

その車内・・懐かしいと言うよりあの劣悪な乗り心地を・・思い出してしまいます。
近鉄の2610原型とどっちが良いかなぁ・・どっちもどっちかなぁ・・
0106リニア館クハ111車内.JPG

キハ181-1、四国から里帰りしてここに展示となったそうです。
0106リニア館キハ181-1.JPG

車内、四国で更新された状態での保存ですね。
0106リニア館キハ181-1車内.JPG

ED18・・かつて飯田線で活躍していた輸入機関車です。
0106リニア館ED182.JPG

名車中の名車、キハ82、キハ8273・・車内も見せて欲しい!!
ここから西には1両の残存車もありません。
0106リニア館キハ8273.JPG

キハ48000(キハ10)、オロネ10、マイネ41、オハ35などがずらりと並びます。
0106リニア館キハ10・オロネ10・マロネほか.JPG

なんと、165系が・・
乗るのは大好きな電車でした。
最後に乗ったのは中央西線の普通列車でした・・大垣夜行ではそれこそ何度乗ったか・・
先頭車とグリーン車が・・(涙
0106リニア館165系クハ・サロ.JPG

先代のドクターイエロー。
0106リニア館ドクターイエロー.JPG

明治村にいた蒸気動車。
0106リニア館蒸気動車.JPG

中部鉄道学園にいたケ90と言う軽便機関車。
0106リニア館ケ90.JPG

その後ろには117系が・・
ここ、結構潮風強そう・・腐食してこないか心配です。
この電車の車内は休憩用に自由に使えます。
0106リニア館クハ117-100.JPG

もう、いくらでもここに居ることが出来そうです。
好きな車両ばかり・・
それにしても収蔵品として外観だけ眺められる奥の車両たち・・圧巻ですね。
マニやオヤまであり、客車の保存がほとんどきたい出来ない京都の新博物館と大違いな気もします。
JR東海社内に相当車両に精通している人があるんだろうなぁ・・というすばらしいコレクションでした。

でも、すでに帰る時刻も迫っております。。

やむなく・・あおなみ線で帰路に着きます。
名古屋駅ではJR東海の線路が眺められます。
セントラルタワーの前を通る関西線の313系2両編成。
0106名古屋313関西線.JPG

名古屋駅できしめんを食って、熱田へ向かいます。
熱田にて313系トップナンバー編成。
0106熱田313系第一編成クハ313-1.JPG

JR西から乗り入れの681系「しらさぎ」と311系。
0106熱田311系・681系.JPG

名鉄電車少しだけ・・
名古屋に来た以上は名鉄に敬意を表します。
5300系SR特急。
0106神宮前名鉄5300系.JPG

1200系特急!!
この系列もすでに少数派・・
0106神宮前名鉄1200系.JPG

あまり眺めて居られません・・
名鉄よ!!近く必ず来るよと・・電車に別れを告げ・・
熱田から大急ぎで名古屋に戻ります。
ちょっと神宮前の駅まで歩くと時間を食いますのでやむなくJRで・・

往路、名古屋についた時に、余裕を見て名古屋16時発のアーバンライナーのチケットを取っていました。
でも、乗り遅れそう・・あせります。。
名古屋駅の構内がかなり変化していて、思い通りに進めません・・

なんとか、発車数分前に近鉄駅へ・・
アーバンライナー入線です。。
0106名古屋近鉄アーバンライナー入線.JPG

車内・・往路のロングシートオンリーとは大違い、これでレギュラーシートです(1900円です)からわずか400円少々高いだけのデラックスシートはものすごいです。。
一度だけ乗ったことがあります。
0106近鉄アーバンライナー車内.JPG

座席、新幹線なんて目じゃないくらいに立派な座席です。
0106近鉄アーバンライナー座席.JPG

名古屋から難波まで2時間6分・・
近鉄特急と言えば全くショックのない発車停車が好きなのですが、このアーバンライナーは元気に走る出すゆえか・・ややショックがありますし、乗り心地も少し硬いです。
飛ばします・・飛ばすなぁ・・と感じ入りながら・・外を見ていたのに・・
直ぐに寝てしまったようです。
気がつけば、列車は室生口大野を通過しておりました。。
快適すぎて・・

で・・このあと、難波で尼崎行きに乗り換え、尼崎で阪神8000系の直通特急に乗り換え、乗換えはすべて同じホームで接続の良さも抜群でした。
やや高くついたけど、山陽垂水駅まで名古屋から3時間少々・・十分速いですね・・・

でも、山陽電車の窓口では近鉄までの切符は売ってないのです。。
阪神含め三社協力して、私鉄名神切符とか何とか言って・・
名古屋まで片道特急券別で2800円くらいで出したら・・・買う人・・結構居ると思うけれど。。。
posted by こう@電車おやじ at 17:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする