2016年05月31日

私鉄で京都鉄道博物館へ。

平日月曜日、たまには〜〜の有休。
さて、平日狙って京都の鉄道博物館へ行くことにします。。
現地では友人とも待ち合わせ、楽しい一日になりそう・・
でも。。
電車賃が・・・・
舞子から京都までJRで往復すると軽く3000円越え、関西ワンデイパスだと3600円・・いざとなるとJRは高いです。
そこで山陽電車の「垂水舞子ワンデイチケット」と、阪急電車の「阪急・阪神ワンデイパス」を組み合わせることで、自宅最寄りバス停から京都までは往復2000円ちょうどになるので・・これを使います。
でも、阪急電車の京都市内の駅から京都鉄道博物館まではほかの交通機関を使う必要がありますから、ちょっとお得感が薄れます。

ま・・ついでに嵐山も見て、のんびり京都線特急のシートに座って・・ってなことも楽しむことにしましょう。

で・・朝の山陽垂水駅、通勤客で混雑する駅に到着したのがS特急。。
0530垂水山陽3070S特.JPG

これはレアな電車に乗れたと喜びますが・・車内は通勤モード・・遊びに行く僕が一人分の床面積を占有するの…ごめんなさい。。
電車が劇混みです。。

高速神戸と阪急神戸三宮で乗り換えますが、三宮ではいったん改札の外へ出て、駅長室で切符を買います。
で・・神戸線は8000系の通勤特急・・これまた昼間にはお目にかかれない列車種別に乗れて喜びます。
しかも、空いていて、ゆったり座っていけます。。
通勤時間帯のこの空き方・・ちょっと心配になりますが、岡本からはたくさんの乗客、夙川と西北からさらにどっと乗り込んできて、ラッシュモード全開。。
三宮ではこの時間帯、特急・通特合わせて6分ヘッドは多いということなんでしょうが、岡本ですでに満杯ですからやっぱり阪急はすごい。。
で・・ラッシュ時間帯で5種類の列車が合わせてそれこそ2分ヘッドほどで走っているのに、特急らしく素早く走ります。
やっぱり阪急はすごい。。。

ワンデイパスですし、急ぐ必要はありませんから梅田まで行きます。
通常の乗車券なら神戸線から京都線への乗り換えは十三にしないと不正ということになります。
梅田で京都線特急に。。
久々の京都線9000系、こちらもゆったり座って…
でも、スピードが出ません・・
前の電車がつかえ、淡路まで12分もかかりました。
そこから先は嘘のように快走、あまりに乗り心地よく、つい寝てしまいます。。

桂で嵐山線に。
せっかく京都に来たのですから、もう、あらゆる電車の中で一番好きな6300系にごあいさつ。。
松尾でちょっと撮影。
乗ってきた電車の折り返し、6353Fです。
ホンマに格調高くかっこいい。。
0530松尾阪急6453.JPG

本日のもう一本の運用、6352fです。
0530松尾阪急6452.JPG

嵐山ではなぜかいつもと違う2号線に入り、ちょっといつもの雰囲気の写真が撮れませんでした。

で・・駅前でいつも買い物するコンビニが「ミニストップ」になっていたのに驚き、ま・・でも、買うもの買えたし。。
フランクをかじり、焼酎をなめながら渡月橋をわたり、京福の駅の前を通り、JR駅へ向かいます。
この間15分ほど。
台湾人や韓国人と思しき大量のアジア系外国人がそこらで写真を撮影しまくっておりますが・・
あの、交差点の真ん中に出てカメラ構えるの・・やめましょうよ。。。

日本人の修学旅行生も大勢います。

浴衣を着て散歩している若い女性の集団も。。

ま・・いずれも今回の旅の目的とは関係がなく、JR嵯峨嵐山駅から普通電車に乗り込み・・
国鉄時代は都会の中を毎時1本の、時代を超越した列車が走っていたところでしたが、今や15分ヘッド、時刻表を見ずに駅に行けます。

意外にも満員。。
この電車で丹波口へ。。
今のところ、京都鉄道博物館に最も近い鉄道の駅がここです。
ここから、のんびり歩いて15分弱、目指す京都鉄道博物館前・・には長蛇の列。。。。。
なんで??

しかも、列の大半は親子連れ…
????月曜日やんね????

なんでも、京都市内小学校の運動会が土曜日にあり、今日は振替で代休とか・・
しかも、雨天の場合の代替開催日が今日になっていたとかで・・お父さん方も会社のおやすみをとっておいたのでしょう。。。。

日曜より激しい混雑らしい。。

来る日を間違えた。。。

京都市内小学校の行事予定なんて・・頭の中になかったし。。

仕方ないから並びます。
15分ほど並んで入場できましたが・・中は黄色い声であふれております。。
展示車両に子供さんがくっつくどころか抱き着いて、そこでお母さんがスマホやデジカメで写真を撮って、撮った後確認までするものだからこちらの撮影なんぞできません。
この場合の若いお母さん方って・・・実はとても色っぽい年代なのに、余裕がなくて必死で・・ちょっと見ていられない。。
携帯電話で旦那さんを呼び出ししかりつけているお母さんとか、自分の子供に必死で、ご老人の前を妨害しているのに気が付かないとか・・
中には子供さんをあやすのに必死で服装が思い切り乱れているのにそのままとか・・

で・・それでも僕がカメラを構えて、前が空いたら撮影しようと思っていると・・いきなり目の前にお母さんが飛び出して子供をの名前を叫んで呼び、写せなくなります。。
ゆっくり見ようと平日に来たのに、ゆっくり見られないのは僕の自己責任なんでしょうか。。。。。
JRさん、なんとかして〜〜〜

新幹線500系のながいお鼻には常に小学生が群がり、それどころかお鼻の上に乗ったり寝そべったりしています。。
これ、電車の傷みがひどくならないか心配です。。

ま・・それでも気を取り直して…
見られるところを見て歩きます。
途中で京都のホテルに宿泊されていた友人たち・・OさんとTさんも合流してくれます。。
DD5433・・僕が姫路機関区でゆっくり正式に見せてもらった思い出のある機関車・・
国鉄の失敗作であるのは確かですが、このスタイリングだけでも、時代を先取りした値打ちがありますね。
0530鉄博DD5433.JPG

エントランスの500系、581系、489系の並び。。
これはあとで空いたときに撮影したものです。
521-1、クハネ581-35、クハ489-1です。
このうち、クハ489-1は写真屋時代、修学旅行随行で何度かお世話になった思い出のある車両です。
0530鉄博500・581・489並び下.JPG

で・・この博物館オープン前の報道資料にこのようなアングルの写真が出されることが多く・・その場所ってどこ??
と思いましたが・・なんと、エスカレータの途中から撮影したものだと判明。。
期待した並びをこの角度で見るには下りエスカレーターに何度も乗らないとあきません。。。
0530鉄博500・581・489俯瞰.JPG

EF52 1号機、国産最初の大型電気機関車で、日立製作所は電気機関車や電気部品の国産化を目指して設立された会社であるといっても過言ではありません。
ただ、理想とコストを両立させるよう追求した結果・・EF52は旅客用とも貨物用ともつかない中途半端な設計となり、多くを量産されたわけではありませんでした。
交通科学館時代には窮屈な高架の下に押し込まれていた機関車ですが、ゆったりと配置され、気持ちよさげです。
0530鉄博EF521.JPG

クハ86001と21-1・・国鉄最初の長距離電車と新幹線営業用1号車ですが・・
ちなみに、日本最初の大型長距離電車は近鉄(登場当時は参宮急行)の2200系です。
で・・クハ86の1号車ですから三枚窓なんですが、80系電車といえば2枚窓の流線形で・・
なんで二枚窓の個体が保存されなかったかなぁ・・といつも思います。
それになぜか・・ミュージアムショップで売っているトートバックの湘南電車はここにはありえない二枚窓でしたし。。
0530鉄博80系0系.JPG

EF651・・国鉄を代表する電気機関車の1号車・・貨物カラーなんですが、なぜか後ろにはブルトレが。。。
0530鉄博EF651.JPG

EF6635、今も走っているロクロクゼロですが、これはJR貨物さんから譲ってもらったものだとのことです。
0530鉄博EF6635 .JPG

カニ2412・・こないだまで「トワイライトエクスプレスで使われていた電源車。
0530鉄博カニ24.JPG

精密な模型も・・
キハ181-1とクハネ581、キハの実物はJR東海さんのリニア鉄道館にありましたね。
0530鉄博681・キハ181模型.JPG

オハ25551、トワイライトエクスプレスのサロンカー「サロンデュノール」です。
0530鉄博オハ25.JPG

スロネフ25501・・トワイライトエクスプレスの豪華スウィートですね。
なお、これまで鉄道博物館といえば、原型復元がその根本でした。
ここでは初めて、改造した後の姿、実際に最後に使われいた状態での保存が多く、そういう意味では「国鉄」よりは「JR西日本」の展示ということになるだろうと思います。
0530鉄博スロネフ25.JPG

ヨ5008・・JR貨物から譲ってもらったコンテナ特急「たから号」の車掌車です。
こちらは原型の色合いに復元されています。
0530鉄博たからヨ.JPG
ナシ2024・・20系客車の食堂車で、交通科学館時代と同じようにここでも食堂が営業されています。
0530鉄博ナシ20.JPG

夕方、閉店間際に車内を見せてもらいました。
本当は特徴的な厨房方向を撮影したかったのですが、食事中の方がおられたのでここは遠慮しました。。
テーブルや室内壁面は当時のまま、座席は変更され、室内クーラーは展示の際にあとで取り付けられています、
0530鉄博ナシ20車内.JPG

このほかにもとにかく総数53両というとんでもない数の車両があるわけで・・
キハ81、EF58、EF81、オハ46、クハ103、122形、DD51、東日本から譲ってもらったオロネ24と・・撮影しましたが・・今日のところは割愛します。

扇形機関庫の外に出ると、「SLスチーム号」8630、客車が新調され、ずいぶん見栄えが良くなりました。
0530鉄博8630スチーム号.JPG

C622、ここにはC62は1,2,26の3両もあり、26号機は正面入り口近くに、1号機は機関庫の中にありました。
外に出て、注目を集めるのはスワローエンゼル、ロイヤルエンジンともいわれ、最後は「ニセコ」で活躍したファンに人気の2号機です。
0530鉄博C622 .JPG

C622を俯瞰。
なかなか見られる角度ではありませんね。
0530鉄博C622俯瞰.JPG

D51200の全般検査・・工場内部もこうして見せてもらえます。
「北びわこ」号のC56が老朽化していることで、ここでいわば新しい蒸気機関車を製造するくらいの作業を行っているとのことです。
0530鉄博D51200全般検査.JPG

レストランは長蛇の列、入場に30分、食事ができるのに30分かかりました。
(どうやらご飯が切れて炊いていたようです・・博物館にとっても意外な劇込みだったようで)
レストランから営業線路がよく見え、117系原色編成が通過して・・お〜〜!!と喜んだその次の瞬間・・
子供たちがたくさんいる目の前をドクターイエローが。。。
一瞬、大騒ぎになりました。。
レストランでは「ハチクマライス」をいただきましたが、どんぶりにハンバーグと目玉焼きとキャベツ・・
こういうのもあったかもしれないけど、僕の知っているハチクマライスは玉子二個の「ハムエッグ」を大盛お皿のご飯の載せて、ちょっとドミグラスソースをかけ、横に福神漬けを添えたもの・・
わしが作ったろか・・・・
あ・・生ビールがいただけるの嬉しいですね。

レストラン屋上のスカイテラスからは営業列車がよく見えます。
EF651128、JR西日本所有の国鉄形機関車、しかも、塗装は国鉄特急色に準じたもの。
0530鉄博EF6511128営業車.JPG

DE101156、嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車の機関車。
0530鉄博DE101156営業車.JPG

山陰本線221系、ちょうど京都タワーが背景になりますね。
0530鉄博221営業車.JPG

DD51牽引、レール運搬列車。
国鉄形機関車の代表格でもあり、同じ形式の1両が博物館に。。
0530鉄博DD51ロンチキ営業車.JPG

221・223系の快速電車。
東寺の塔をバックに。
0530鉄博221・223営業車.JPG

そして東寺を背景に700系新幹線が行く。。
0530鉄博700系営業車.JPG

正直、博物館で最も楽しい場所はここだったりして。。

夕方近くになるとさすがに空いてきました。
撮れなかった写真を撮影したり、のんびりと車両を眺めたりができるように・・
本当はこういう一日の時に来たいんですけどね。。。

友人たちと別れ、僕はバスで阪急西院へ。。

ワンデイパスなのでいったん、河原町へ戻り、上り「通勤特急」で9300系・・
ゆったり座って、瞬く間に・・快適な車内で寝てしまいました。。
通勤特急は大宮と西院にも停車する代わりに、淡路を通過・・この電車の数分前に8300系の「快速急行」が出て、淡路はこちらでどうぞということでしょう。
これはレアな列車に乗れたと・・喜んだのですが・・気が付けば梅田。。

何も見てへんし。。

梅田へ着く前、横の線路を宝塚線急行が走っているのに出くわしましたが・・なんと・・
梅田で慌てて宝塚線ホームへ行き、眺めました。
「手塚先生!!!!!」
0530梅田阪急1003アニメラッピング.JPG

宝塚線のラッピングトレイン、神戸線の「わたせせいぞう」バージョンより、僕は断然にこちらです。
神様のような手塚治虫先生が、自ら作り上げたキャラクターと一緒に電車を飾っています。
ラッピングトレインは好きではない僕ですが、この場合は別。。。。

先にラッシュ時のみの宝塚線・能勢電鉄特急「日生エクスプレス」が出ていきます。
0530梅田阪急8006日生エクスレス.JPG

そして急行発車。
運転士さんが乗り込みます。
0530梅田阪急1103発車直前.JPG

車体にはレオも・・
0530梅田阪急1003Fサイド.JPG

電車が出ていきます
0530梅田阪急1003発車.JPG

その時、京都・神戸線の電車も並んでくれました。
0530梅田1003発車.JPG

ん??
京都鉄道博物館の記事より阪急に重きが置かれてないかって・・
ですね〜〜〜
自分でも思います。。。
posted by こう@電車おやじ at 08:51| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

山陽電車3002Fラスト運行と舞子のサンライズ。

昨日は仕事でした。
しかし、驚くような情報が入ってきました。
「山陽3002が走るかもしれない」
昨年、全般検査を施工されながら一度しか動かなかった、山陽電車の初代3000系アルミカー、二本のうち一本の3000Fは昨秋、東二見の公開イベント時に昔懐かしい細い帯に復元され、今も注目を集めながら走っていますが、もう一本、僕としては東二見で見せてもらったあれ以来、見ることのできなった電車なのです。

しかも噂では「ラスト運行かも知れない」とのこと、これは仕事中でも見に行かねば電車や山陽電鉄さんに対して失礼というものです。

「今日、午後4時前から夜の休憩を昼間に取らせていただきます」と、会社の上司には報告の上(僕らタクシードライバーは自主的に一日当たり3時間以上の休憩をとることが求められますので、いつ休憩をとっても構わないのですが、職場離脱であると思われることは嫌なので・・)堂々と「休憩」で見に行くことに。。

さすが情報時代、友人たちはそれぞれ別口で情報を仕入れて、3002が半年ぶりの運行開始その発車時点でお名残り乗車している人たちもありますが、さすがに仕事中はそこまでは。。。。

で・・
5月28日、14時45分ごろ、ちょうどお客さんのない暇な時間帯だったので・・これは通常の休憩ではなく、一服モードで・・・・僕の待機場所すぐ近くの線路際へ・・
3002F
やってきました!
久々の雄姿です。
0528朝霧山陽3002.JPG

ワイドで引き付けて。。
0528朝霧山陽3002B.JPG

電車は時速100キロほどであっという間に行ってしまいました。。

さて、この後、何件かのお仕事をこなし・・営業車を有料駐車場にしっかりと停めて・・会社には休憩に入る旨、無線端末を操作して。。
そして150円分、山陽電車に乗って・・16時30分ごろの山陽垂水駅へ行くと・・
お〜〜〜〜
知った顔がいっぱい。。。
鉄の道、いずれも名のある大御所がたくさん集まっております。。
非番や公休の山陽電車の職員の方も。。
皆さん感無量の面持ちで、横のJR線で何かネタの列車が通るときのようなあのきゃぴきゃぴした緊張感はありません。
ひとしきり挨拶をして・・自分としてはベストと思えるポジションへ移動します。
3002ではなく、3601が見える側に立ったのです。
そこへ新車6000系6001F登場!
0528垂水山陽6001.JPG

そして、3002F、3601を先頭に並んでくれました!!
ささやかなお別れ会といった感じです。
最後の花道をこの電車に飾ってもらおうという電車を愛する方々の気持ちの表れがこの並びになったのでしょうか。
0528垂水山陽6101・3601.JPG

次の直通特急で舞子公園へ先回りします。
ここも感無量の面持ちの方々が何人もおられます。
そこへ細帯復活、人気者になった3000Fが入線!!
0528舞子公園山陽3000.JPG

そして見事に3001Fと並んでくれました。
これもまた、電車への愛だけはほかの会社に負けない、山陽電車の粋な計らいなのでしょうか。
0528舞子公園山陽3600・3601.JPG

この並び、僕が撮影した今から40年ほど前の写真・・当時の電鉄須磨駅での写真ですが・・この並びの再現です。
涙が出ます。
山陽須磨36013600昭和54.jpg

思えば電車として生まれて50星霜、最後の花道を飾ることのできる3002Fは幸せな電車かもしれません。
ヘッドマークもないし、花飾りもないし、一般のお客さんにはなぜこの電車をたくさんのファンが撮影しているのか、まったくわからないでしょう。
でも、その地味なラストが本当にこの電車にふさわしく思います。

電車は万感の思いを込めて走っていきます。
このあと、深夜まで神戸や姫路に顔を出す運用ですが、さすがに仕事中の僕が、土曜の繁忙時間帯を抜けるわけにはいきません。
僕にとってもラスト運行と言われる彼を見送れる最後のチャンスです。
0528舞子公園山陽3002.JPG

んで・・
今朝未明、明石への仕事を終えて帰社する道すがら、JRの貨物列車が列車線を走っています。
今朝の天気予報は晴れ。
これはサンライズでしょう!!!

撮影場所は久しぶりに舞子駅をチョイス。
明け方の舞子駅、まだ誰も乗客の姿がありません。
0529舞子駅風景.JPG

露払いの貨物列車が来ました。
EF510-12です。
まだ明けきらぬ空の下、北陸からの貨物列車が赤い機関車を先頭に滑るように快走していきます。
0529舞子EF510-12.JPG

このあと、EF210が通りましたが、始発普通電車と被ってしまい。。。
列車は撮れたのですが、ま・・割愛。

サンライズ瀬戸・出雲、定刻にやってきました!!
0529舞子サンライズ1.JPG

さすがに明るく、この時点でISO3200でもシャッター速度1/500は確保できます。
0529舞子サンライズ2.JPG

長い列車は次々と車体を通過させ、去っていきました。
0529舞子サンライズ3.JPG

「国鉄・私鉄の思い出」
更新しました。
「雨の熊本駅前と熊本市電訪問の記録」
http://kokutetu.blog.eonet.jp/117/2016/05/post-cba7.html

熊本、がんばって・・
これ以上何をがんばれと・・思われる方もあるかもしれませんが、とにかく生きるのをがんばって。。
僕らもあの頃、そうでしたから。
posted by こう@電車おやじ at 09:53| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

塩屋でサンライズ

良いお天気が続きますね。
夏至のころは当地では梅雨になってしまうので、早朝の撮影はむしろ今頃がねらい目です。

「サンライズ瀬戸・出雲」、本日は露払いの貨物が二本とも運休なのに、ちょっと遅れてやってきました。
0523塩屋サンライズ1.JPG

夜明け直前の海岸を当地で最長、14両編成の列車が行きます。
0523塩屋サンライズ2.JPG

海の色、空の色、鈍い夏の朝、列車は淡々と走ってきます。
0523塩屋サンライズ3.JPG

さほど速度は出ていません。
前方に何かつかえがあるわけでもなし、余裕時分がたっぷりあるのでしょうね。
車内の人何人くらいがこの景色を寝ぼけ眼で見ておられるのでしょう。
0523塩屋サンライズ4.JPG

サンライズの前に回送電車でちょっとテスト・・
このときはまだ感度をISO12800にしていました。
0523塩屋回送207.JPG

始発の上り普通電車。
よくお世話になる電車です。
このときはISO6400・・
サンライズ通過の際はISO1600でした。
0523塩屋始発207.JPG

思い通りの構図(トリミングはしていません)、思い通りの露出、そして色調を少し触ったとはいえ、思い通りの色合いを出すことができました。
このあと、帰宅して・・明け番で寝なくてはならないのですが、ちょっと興奮してなかなか眠れませんでした。。
posted by こう@電車おやじ at 13:40| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

今朝のサンライズと・・

今朝は快晴・・
しかし、深夜時間帯の下り貨物は電車線走行・・
ということはサンライズ瀬戸・出雲も、電車線走行決定・・

で・・ちょっと試したい場所があったので行ってみました。
朝霧駅西方、線路際です。
ちょっとした柵があるのでアルミのカメラバックを持っていき、これに乗って撮影するとちょうどよい感じ。。
まずはEF510-11牽引貨物。
時刻は4時50分頃・・
見る見るあたりが明るくなっていき、露出の感覚が鈍り、ややオーバーになってしまいました。
0519朝霧EF510-11.JPG

しかし、この場所、どうも架線が。。。
そこでちょっと移動。。
西の陸橋近くまで行ってみました。
4時55分ごろ、EF210-154牽引貨物。
0519朝霧EF210-154.JPG

悪くはないけどフレーム的に中途半端かなぁ・・
ちょっと駅のほうへ戻り、斜面の途中で。。
サンライズ瀬戸・出雲、やってきました!!
0519朝霧サンライズ1.JPG

焦ってシャッターを押すポイントが速くなってしまいます。
0519朝霧サンライズ2.JPG

海岸べりなのに、都会の中のよう雰囲気になってしまいました。
0519朝霧サンライズ3.JPG

編成の連結部。
0519朝霧サンライズ4.JPG

去る列車、前方に大蔵谷駅が見えています。
0519朝霧サンライズ5.JPG

で・・帰宅して。。
実は、昨日の朝方に昔の片思いの彼女が夢に出てくれました。
そのゆえか・・ちょっと頭の中がもやもやして。。
仕事でもお客さんの目的地を通過しそうになったり・・ミスが相次ぎます。
女性の友人が
おっさんのしょうむない話を聞いてくれます。
ちょっと助かりました。

で・・帰宅して夕方まで寝て・・
その夢を基に「STORY・・小さな物語」を書きあげました。
「なおちゃんへ、ふたたび。」
http://blog.goo.ne.jp/kouzou1960/e/f654857cb770382c2ee2823baf5ae29c

いつまでも思い続ける人があるのは良いことなんでしょうか。
それとも、さっさと、ややこしい夢から覚めて現実だけを精いっぱい生きるべきなんでしょうか。。

なお、この女性に関しては何度か「STORY」の中で出していますので、興味のある方は探してみてくださいませ。

夢の中とはいえ、会えてうれしかったなぁ。。
posted by こう@電車おやじ at 21:54| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

今朝のサンライズ・サンフラワー@朝霧。

時期的にはまだサンライズの撮影には早いのですが、ものすごく良いお天気の予感・・
帰宅途中の東の空の濃紺が少し明るい様子で、それを物語っています。
しかも、昨夜、仕事終わりの際に、貨物列車がきちんと列車線を走行しているのを目撃・・
行くしかないでしょう・・サンライズ。。

2年ぶりに朝霧駅脇の歩道橋をチョイス。
時刻は午前4時45分・・
まだ夜が明けず、カメラのISO設定を12800にセット。
感度自動制御はオフ、露出はマニュアル、空の色を出すために海を見て測って少しアンダーにしておきます。

この時刻の朝霧駅の様子。
何とも、ロマンチックな駅ですね。。。いつもの仕事場所ですけど。。
0513夜明け前の朝霧駅.JPG

阪九フェリーが大阪の方に向かっていきます。
今からだと、大阪に着くのは6時ごろでしょうか。
0513阪九フェリー.JPG


EF510-8牽引貨物列車がやってきました。
富山と岡山を結ぶ列車で、この折り返しが当地を昼頃通過します。
定刻です。
0513朝霧EF510-8.JPG

EF210-159牽引の貨物列車・・
サンライズの前に露払いの列車があることで露出や構図の点検ができます。
0513朝霧Ef210-159.JPG

ですが・・時刻になってもサンライズが来ません。
沖にはサンフラワーが。。。
0513サンフラワー.JPG

このほかにも2隻の大型フェリーが通過、かつての関西ブルトレの盛況を思わせる夜行フェリーの盛況ですね。

で・・JR西日本さんの運行情報を見てみると・・
なんと、東海道線踏切確認で20分遅れ・・とのこと、貨物列車はいずれも吹田や稲沢で停車してからくるので、踏切のトラブルはそれより東の方だったのでしょう。

EF210-147が来ました。
本来はサンライズのあとに来る列車です。
0513朝霧EF210-147.JPG

結局、25分遅れ・・遠くに独特のヘッドライトが見えて日本唯一の寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」がやってきました。
この頃になるとカメラのISO設定は3600、シャッター速度500で行けるようになりました。
0513朝霧サンライズ1.JPG

カメラは快調に連写を続けてくれます。
全く動作の不安がないです。
サンライズ、接近します。
0513朝霧サンライズ2.JPG

明石海峡大橋、明石海峡、朝霧駅の朝・・その景色を背景に「サンライズ瀬戸・出雲」淡々と通過していきます。
0513朝霧サンライズ3.JPG

さて昨日、嬉しいことがありました。
何度もあお会いしたり、ブログに書き込んでくださったりする方が大阪から仕事で当地へ・・
駅への帰路にタクシーとして呼んでいただきました。
人の縁は不思議で面白いものですね。

明石駅まで、運賃をいただくのが申し訳ないほど・・お話に夢中になったのは言うまでもありません。
ありがとうございました。。
posted by こう@電車おやじ at 20:55| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする