2016年09月30日

雨が続きますね。

もう何日、雨模様のお天気が続いているのでしょうね。
今日は朝のうちは久々に晴れたのですが、午後からドン曇り・・夕方にはまた雨でした。
僕は、普段、仕事の翌日は午後まで寝ていますから、朝の晴れは・・カーテンの隙間から陽射しが差し込んだことを、時たま目が覚めたときに感じただけです。。

で・・午後から玉津方面へ用事に…
ついでに、イズミヤで一眼レフで新幹線を二コマだけ・・・
広島へ向かう「ひかり、N700aです。
0930イズミヤN700A.JPG

明石川を渡ります。
明石川橋梁の東半分だけが防音壁がないという心もとなさ・・・
0930イズミヤN700B.JPG

で・・帰宅したらこんなの作って遊んでいました。。
忙しくて遊ぶ暇はないはず。。。
現実逃避モードかも。。。
神鉄3000高野山?.jpg

「某戸電鉄3000形は、まだ若いのに引退したいなどと弱音を吐き、このごろ気怠いとよく言うそうで…会社上層部の指示で喝を入れるために高野山で修行することになりました。。彼は今、高野山ケーブルに出向し、元気に頑張っています」

********

そういえば昔、インドの山奥で修行したヒーローがあったなぁ…
ウルトラマンではありませんが。。。。

さて、10月1日より明石地区のバス路線ダイヤ改正が行われ、88・87系統、明石駅と朝霧駅とを結ぶ神姫バスの夜間便が減便されることになりました。
19時代以降の便はすべてカットされます。。。
なお、80系統明舞団地線はあまり本数の増減はありません。

ちなみに9月1日に山陽バスが運行する明石・朝霧地区の一部路線の、土休日ダイヤでのカットが行われていて、明石市バスから承継した路線も見直しが始まりました。
みたところ、基幹系統以外のサブ系統はいずれも乗客が少なそうで、タクシー程度でも間に合うんじゃないかと思うくらい、バス会社の台所を苦しめているのでしょうね。

写真は9月1日より土休日には走らなくなった山陽バスの朝霧行最終便が朝霧に到着した様子です。。
(スマホ撮影)
0929山陽バス最終朝霧.jpg

バスですらこれだけ難しいのですから、ローカル鉄道の維持というのは本当に難しいのでしょうね。
JR西日本が三江線を廃止する意向を示したこと、さらに地元自治体もこれを受け入れることを決めたこと、一年後には三江線がなくなっているだろう状況になってきました。

広島から江津への陰陽連絡線というには、三江線はあまりにも遠回りで、僕は以前から、優等列車を広島ではなく、岡山・福山発着とし、福塩線と合わせて新たな陰陽連絡ルートを作れば、江津や浜田、三次にとっても、東京・大阪がぐんと近くなり、路線も生きるだろうと思っていたのですが、今回の決定は・・
妄想気味の僕の考えよりははるかに現実的なんでしょう。

三江線が廃止されると次は、木次線、芸備線の備後西城から東、福塩線の府中より北、姫新線の中国勝山から東、因美線の郡家から南なども、似たような状況であるわけで・・・
いよいよ中国山地のJR鉄道路線も消えていく運命なのでしょうか。

いすみ鉄道、北条鉄道、甘木鉄道、由利高原鉄道、ひたちなか海浜鐡道などを見るとやはり、腹を決めた一人が全責任を背負って立つくらいの覚悟でないと、こういう路線はどうにもならないのかもしれません。

さて、「国鉄・私鉄の思い出」更新しました。
「秋のドライブ鉄散歩、加古川・加西。」
http://kokutetu.blog.eonet.jp/117/2016/09/post-8c0b.html

国鉄解体直後の秋の風景です。
って、JRは新幹線しか出てきませんけど。。
山陽2000系。
ススキ、ヨシ、セイタカアワダチソウからなる河原の上を行きます。
秋加古川山陽2000C.jpg

法華口の北条鉄道レールバス、今の法華口とはとても同じ駅には思えない、荒廃が進んでいたころです。
秋北条法華口フラワ1985重連停車.jpg
posted by こう@電車おやじ at 22:23| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

今日のチョイ鉄・・筑紫下りの君。。

本当は午後までゆっくり寝ていたかったのですが、心がざわざわしてとにかく線路際に行ってみよう…ということになり・・
11時半ちょっと前の舞子駅へ・・・
予定より少し早く、やってきた貨物列車。
牽引は桃太郎EF210-139、その後ろに無動力回送の機関車がつながっています。
心のざわつきはこの列車でした。
0924舞子EF210-139・EF81735.JPG

2両目のアップ、EF81 735・・北陸本線の主役だったEF81の一党、その生き残りです。
0924舞子EF81735.JPG

去るところ・・
長年住み慣れた富山を離れ、小倉へ向かうそうです。
門司機関区に転属でしょうか。
なんだか、菅原道真を思い起こしてしまいます。
でも、この機関車は九州でも頑張ってほしい…
0924舞子EF81735・EF210-139.JPG

折角だから、少しその場に居続けて…
EF200-5、本日はもう1時間早く来ていれば、EF200をあと2両見ることができたのですが…
0924舞子EF200-5.JPG

接近します。
0924舞子EF200-5A.JPG

そして、紅一点、EF510-15、223系の横から飛び出してきました。
0924舞子EF510-15・223.JPG

こちらはこれから富山まで、北陸線の主役交代を舞子駅で眺めるひと時と相成りました。
0924舞子EF510-15.JPG

そうそう、東京の小池知事が「通勤ラッシュをなくす」とか言われていましたが・・
僕は決して小池さんを嫌いなわけではなく、政治家としてはむしろ好きなほうですが…
発案のオール二階建て通勤電車・・・できるのでしょうか?????
ちょっと無理な気が。。。。
221改.jpg

ドアは上下階で供用にして、床で仕切ることとしますが、台車位置のドアはどうしましょ。。。。

いっそのこと、人間も「大切なお客をギュギュっと」と・・・
こんなのいかがでしょ。。
冷房はついております。。。。。
阪神1213貨車化.jpg

バタバタして忙しいのですが・・こういうことを時としてしたくなるの・・これはもう、自分で自分がわからない。。。。
ですわ。。。。。。
posted by こう@電車おやじ at 21:49| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

映画「銀河の雫」と、ここ数日。

ここ数日、ちょっとバタバタしてしまいました。
母が夜に自宅で転倒、救急搬送というような事態もあり…オデコを少し縫っただけで大事には至りませんでしたが…
ネット関係、ろくにレスもできず申し訳ありません。。

さて、本日、敬愛する山元加津子先生、通称「かっこちゃん」初監督映画、「銀河の雫」の上映会がありました。
本年初めに先生のお話し会をしてくださった、舞多聞の「オラシオン」さんというお店で、その時にこのお店のモニターは大変、映りがよくて「1/4の奇跡」の映画をこれまでにない高画質で見せていただいていて、今回の「銀河の雫」はできたばかりの作品、もちろん初めてであり、とても期待して伺いました。

お昼のランチ会から参加されている方が大勢おられる中、僕は時間を一時間間違えていろいろな・・この頃できていなかった用事を片付け、20分前に・・もしや・・・・と、予定を見たらもうすぐ始まる〜〜〜
で、タクシーをお願いしてすっ飛んでいき、何とかぎりぎり間に合いました。。

「銀河の雫」は全編、ネパールで撮影されたドキュメンタリー映画です。
最初は先生が「映画を撮る」と言い出した時に・・「また、無茶を言っておられるな…でも、先生は作ってしまうだろうな」と思っておりました。
先生の周囲にはプロの方々がたくさんおられ、特に写真家野村哲也さんの迫力ある作品が多用されて、そういう意味でもネパールの美しさをこれでもかと、見せてくれます。
しかし、そのネパール最大の都市、カトマンズは大地震後の復興もようやく始まったばかり、壊れ傷ついた街は、あの大地震のあとのわが神戸を思い出します。
そういえば、あの地震がなかったら…僕は山元先生とは出会わなかったかもしれず、人生というのは時としてマイナスがプラスになることもあるのだと・・ぼうっと考えたりしてしまいます。

映画は「バターランプ」を作るところから始まります。
バターからろうそくのようなランプを作り、それに火をともして祈りを捧げます。
そこに暮らす人々のありのままの姿、そして先生の友人である「ギータちゃん」の、人生がにじみ出たいろいろなお話、映画全編を通して思ったこと・・
仏教の基本的な考え方である「生命は永遠に続く」「私たちは生きては死にまた生きるということを繰り返す」「人の様々な違いは、すべて個性であり、どの人の命も同じく尊い」これらが見事にはまり込んでいきます。
僕自身、毎朝、法華経を読誦しています。
法華経もまた、すべての人の命の尊さと、すべての人の可能性、すべての生命が永遠であることを説いています。
山元先生や「オラシオン」ご主人の「般若心教」と教えは異なりますが、やはりその根幹に流れる生命への畏敬は同じものであると改めて認識しました。
ここでは、経の勝劣など無意味な気がして仕方がありません。

映画は、佳境に入るとなんと、カトマンズの火葬のその場を映し出します。
ネパールでは個々にお墓はなく、すべて火葬されたあとは川に返すのだそうです。
火葬の現場の情景も、そこに立ち会う人々の表情をこれほどまでにきちんと映し出した映画があったでしょうか。

映画の内容はそのものを見ていただくのが一番、サイトは以下です。
上映会の場所を確認してぜひご覧ください。
http://eiga377.wixsite.com/robanomimi-eiga

映画ができてすぐのこの時期に、上映会をしてくださった「オラシオン」のご夫妻には心から感謝します。

********

さて、ここのところ雨が多いです。
一昨日、雨の前にちょっとだけ列車を撮影しました。
実はこの後、母が倒れて、ちょっとドタバタしたのですが…
DD51牽引のハンドル訓練を撮影したかったのですが、台風余波でダイヤが乱れ・・
待ち人は来ず…・
んで・・来てくれた103系。
和田岬線回送です。
明石の天文科学館を背景に〜〜〜
0920大蔵谷103系1.JPG

接近します。
6連の全編成。
0920大蔵谷103系2.JPG

並行する列車のヘッドライトに、新快速電車の車体側面が輝きます。
0920大蔵谷223.JPG

流線形特急、「スーパーはくと」運転台のアップ。
0920大蔵谷HOT7000.JPG

この段階でISO12800、もう無理なので撤収しました。。。
それにしても雨が多いですね。

posted by こう@電車おやじ at 19:12| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

鉄・船散歩と落語と。。。

わけのわからないタイトルで失礼します。。
本日、9月16日、お天気もそれなりによさそうだったし、高架下で買いたい物があるし、久しぶりに神戸港も眺めたいし・・で・・10時過ぎに家を出ました。
バスに乗り舞子駅へ・・
まもなく、DD51のハンドル訓練列車が来るはずです〜〜〜って、すぐ来ました。。。。
後ろから舞子停車の快速が・・ま・・8両先頭位の位置にいるし・・被らないでしょう・・・・・
と思ったらこのありさま…
快速はよりによって長い12両編成でした。。。。。
かなりトリミングしています。。
0916舞子DD511193.JPG

で・・神戸駅で降りて高架下の危なくないお店で買い物して・・・
「もっこす」花隈店に寄ってしまったりして…

元町駅北側の歩道橋へ・・
お昼の紅一点貨物を撮ろうとして・・・・・
ま・・223系新快速とか。。
まだ、転落防止柵のついていない編成が少なくなりました。。
0916元町223.JPG

221系の転落防止柵付きとか…
0916元町221前幌.JPG

いや、221系のオリジナルの端正な顔立ちの編成が223系と併結できてくれたりとか・・
0916元町221・223.JPG

EF210-148、桃太郎さんとか。。。。
0916元町EF210-148.JPG

EF210-153桃太郎さんとか…
0916元町EF210-153.JPG

特急「はまかぜ」とか・・
0916元町キハ189はまかぜ.JPG

来てくれるのに、一向にレッドサンダーEF510の姿が見えない…
結局、1時間待って諦めました。。。。
今日の貨物は桃太郎ばかり。。。。。

気を取り直して、神戸港へ。。。。
朝、Mさんのタイムラインで「飛鳥U」が来ることを知り、久々に見たくなったからです。。
で・・「飛鳥U」・・でかいわ〜〜〜〜〜
0916神戸港飛鳥2.JPG

こちら、かもめ埠頭の「オーシャンプリンス」と。。。
0916神戸港オーシャンプリンス・飛鳥U.JPG

飛鳥U、全景。。。
きれいですね〜〜〜〜
0916神戸港飛鳥U全景.JPG

サイドビュー・・・乗りたいけれど乗れるはずもない。。。。
0916神戸港飛鳥Uサイド.JPG

そこへ、「オーシャンプリンセス」がやってきました。。
この船も遊覧船としては大きな船ですが、もう、巨人と赤ん坊ですね。。。
0916神戸港飛鳥U・オーシャンプリンセス.JPG

神戸港のシンボル、ポートタワーと「飛鳥U」
0916神戸港飛鳥Uポートタワー.JPG

さて、日陰で潮風を受けながら…
港でこういう風にゆっくりするのすごく好きです。
僕自身、神戸港、大阪港のエリアで小学生時代を過ごしていますから、やはり・・港育ち、なんだか故郷へ帰ってきたような気がします。

と、ぼうっとして休日の何もしない時間を楽しんでいたら…
「ファンタジー」・・正統派の遊覧船、「みなと巡り」の船です。
0916神戸港ファンタジー.JPG

「飛鳥U」と「ファンタジー」が並びました。。
大きさが違いすぎて、なんだかいい感じ。。。
0916神戸港ファンタジー・飛鳥U.JPG

「コンチェルト」が帰ってきました。
神戸港の看板娘でもあります。
0916神戸港コンチェルト.JPG

後ろにはなんと「ルミナス神戸U」も・・・
0916神戸港コンチェルト・ルミナス.JPG

「ルミナス神戸U」・・・この船も神戸を代表する船ですね。
0916神戸港ルミナス.JPG

「コンチェルト」と「飛鳥U」が並びました。
0916神戸港コンチェルト・飛鳥U.JPG

「飛鳥U」の後ろ、その向こうの岸壁に「ルミナス神戸U」が接岸します。
「ルミナス神戸U」も結構大きな船なんですが・・・・・
0916神戸港ルミナス・飛鳥U.JPG

先ほど出て行った「オーシャンプリンセス」が帰ってきました。
この船だけ見れば大きく見えます。。。
0916神戸港オーシャンプリンセス.JPG

自転車で船を眺めに来ていた方が話しかけてこられました。
「船がお好きなんですね〜〜」
「いえいえ、船はほとんど詳しいことは知らないのですが、風景としてすごく好きで・・あ・・ここの船の名前は全部知っていますよ」
てなことからお話が始まり…

折角美しく整備した神戸港に、交通機関としての客船がほとんどないのはどういうことだ・・
神戸港が元気になってこそ、神戸の街は賑わいを取り戻せると・・すごく意見が一致しました。。。

「ジャンボフェリー」高松行きの出港。。
「飛鳥U」になど乗れるはずもないから、せめてあの船で四国へ行きたいなぁ…
何度か夜行便には乗っていますが、昼間にゆっくりと海を眺めながら旅をしたいと思います。
0916神戸港ジャンボフェリー.JPG

さて、ハーバーランドのUMIEでちょっとだけ買い物をして、JRに乗り、垂水駅へ・・
先ほどのリベンジをするためです。。

ホーム先端には一緒の電車で降りたカップルと僕だけです。
しかし、カップルで鉄道写真って・・そういうデートが現実に存在する時代になったんですね〜〜〜〜
DD51 1193が5両の12系(北びわこ号用です)を牽引してやってきました。
先ほどのハンドル訓練列車ですが、網干で折り返してきたものです。
こうしてみると、かつての山陰方面への臨時急行を思い出します。
0916垂水DD511193.JPG

12系客車の後尾、207系と並びました。。。
ひそかに横に山陽電車も。。。
0916垂水12系・207.JPG

本日最後は…このあとの姫路貨物折り返し、86列車。
EF66 109牽引です。
姫路始発なので、積み荷は編成の後ろ半分にしか積まれていません。
まだこのあと、いくつかの駅に停車して積み荷を載せていくのでしょうね。
0916垂水EF66109.JPG

ちょっと暑かったですが、風が爽やかな、神戸の初秋でした。

で・・前後しますが、14日の水曜日、明石で落語会がありました。
主催は古くからの友人のSさん、この人は仏具屋さんの店主さんなんですが、別の空き店舗をイベントスペースに活用しておられます。
落語と鉄道が大好きなKさんと伺いました。
さきにKさんと魚の棚の「たこ磯」で「玉子焼き(明石焼き)」で一杯やってから・・・・

噺家さんは笑福亭喬若さん、なかなか迫力のある話し方で、とても楽しい落語でした。
「へっつい盗人」「替わり目」
なんで落語って、あんなに憎めないおかしな泥棒や酔っぱらいの話が多いのでしょうね。。。
お腹抱えて笑いました。
0914喬若さん2_01.JPG

喬若さんは笛の名手でもあります。。
なかなかの腕前でした。
0914喬若さん7_01.JPG

このあと、懇親会、軽いお菓子と飲み物で夜中まで・・盛り上がりました。。。








posted by こう@電車おやじ at 21:05| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

久々に鉄散歩。。。EF200が三台も!!

ようやく朝夕は少し涼しくなりました。
今年の夏は本当に僕にはきつく…明けの日、昼間はほとんど家で寝ている始末…
今朝の涼しさに、いつまでもこれではイカンと思い…通院ついでに鉄散歩することに・・

まず向かったのは大蔵谷駅、「貨物ちゃんねる」によれば、お昼の時間帯、EF200/EF510/EF200という・・とても楽しいひと時がありそう…
11時45分ごろ、EF210の運用変更でやってきたEF200-4です。
久々にEF200を撮影できました。
0910大蔵谷EF200-4.JPG

そして、12時ちょうど頃、岡山からの「紅一点」、レッドサンダーEF510-8が!
この列車は青い500代より赤い0台のほうが嬉しい…
0910大蔵谷EF510-8.JPG

12時03分ごろ、こちらはEF200の定期運用、EF200-19!!
0910大蔵谷EF200-19.JPG

去る列車、本日は土の貨物列車もコンテナが満杯です。
JR貨物さん、商売繁盛でめでたい限り。。
0910大蔵谷EF200-19後追い.JPG

ついでに・・223系と207系の出会い。。
0910大蔵谷223・207.JPG

さて、ちょっと明石にでも出よう…と下り電車を待つと…
なんと、6000系6000Fが・・・こりゃ、少し長めに乗らねばなりません。
0910大蔵谷山陽6100.JPG

江井ヶ島で新幹線撮影しようか…それとも東二見の構内を眺めてみようかと…ちょっと考えましたが、やはり日向はまだまだ暑い・・
6000系の快適なエアコンを堪能しながら・・結局、別府まで行き、「まいどラーメン」さんでラーメンを食ってしまいました。。。
それにしても本日の「まいどラーメン」さん、お客さんが満杯でとても賑やか、店主さんは目の回るような忙しさの中でそれでもとても愛想よくお店を切り盛りされていました。。
JR貨物さんといい、嬉しいことです。。

さて、ネットで予約した垂水の皮膚科へ行く時間が迫っています。。
いや、その前に明石か舞子辺りでもう1両のEF200を捉えなければ。。。
大蔵谷に戻りたいのですが、ちょっと時間が怪しい・・特急で下車してすぐに撮影できるところ・・
明石駅で下車、JR明石駅へ走っていくことにしました。

13時45分ごろ、本日3台めのEF200!!
ホーム端の少年…黄色い線から出ないでね。。。
EF200-7です。
0910明石EF200-7A.JPG

接近します!!
0910明石EF200-7B.JPG

快速電車で舞子駅へ…
電車を降りたらすぐに、こんな光景が・・・・
EF66101が225系の脇を走り抜けていきます。
0910舞子EF66101・225.JPG

特急「スーパ―はくと」HOT7000系、舞子ビラをバックに。。
0910舞子HOT7000.JPG

瀬野八越えの補機ができるEF210-300台、EF210-308、青い車体がきれいです。
このあとに、もう一本、309号機が来るのですが、それは時間的に断念。。
0910舞子EF210-308.JPG

このあと、通院、母宅の食事の準備に行き、帰宅…
あんまり寝てなかったもので・・ちょっと寝てしまいました。。。
しかし、久々のEF200は嬉しかったなぁ。。。

さて、僕たち垂水区内「丘の上」住民にとってびっくりすることが!!!!
「山陽高速バス「垂水区内〜三宮・神戸空港線」運賃改定のお知らせ」
http://www.sanyo-bus.co.jp/topics/detail.html?id=180

「いつも山陽高速バスをご利用いただきまして、まことにありがとうございます。
弊社では、下記のとおり山陽高速バス「垂水区内〜三宮・神戸空港線」について運賃を改定させていただきます。ご利用のお客さまにはご負担をおかけすることとなりますが、なにとぞご理解を賜りますようお願いいたします。」

なぜに値上げするのか・・
例えば燃料代の高騰、人件費の高騰…今はどちらも理由としてはあまり関係ない時期だと思うんですけど・・
そういう理由がどこにも書いてなく、何を「ご理解」せよというのか、地元住民の足を一手に引き受けている会社の傲慢さを感じる文面だといえば言いすぎでしょうか?

で・・その値上げ幅なんですが。。。
現行410円を500円…
なんと、22%の大幅値上げ。。

今時こんなむちゃくちゃな値上げを一気にやってしまう会社って他にありますか???
以前のストライキといい、それに深夜のいきなりの増発ということで僕らタクシードライバーに何の遠慮もなく割り込んできた事例もあったことで…
今回は地元住民として割り切れない部分を感じて仕方ないです。

同じ値上げするにしてもきちんとした理由の説明と、22%は急激すぎるのでせめて半年ごとの緩和措置でもあればと思うのですが、そういうことを利用者を念頭に対処できない経営陣があるのではないでしょうか。。

三ノ宮行きの高速バスが500円になれば、バス・JR乗り継ぎで510円、バス・地下鉄乗り継ぎ学園都市経由で550円、名谷経由で520円…
さらに、行先が元町駅から歩ける場所なら、垂水駅でJR乗り継ぎで420円…
所要時間は名谷経由が圧倒的に短く35〜38分、高速バスは僕の地元からは定刻で40分を要します・・これでは山陽高速バスの利用者が減らないか心配してしまいます。

背景には神姫バスが最近始めた、西区内と三宮の直通高速バスが快調で、料金も550円をとっていることもあるのでしょうが。。。
あちらは、西区内から明石へ出てそこからJRが基本の場所ですから、平均的な乗客が支払う運賃は600円を超えているわけで…

山陽高速バスの大幅値上げは乗客としては・・かなり反感を持つやり方、ファンとしてはかなり心配になるやり方です。。
もう少し上手に話を持って行けよと、山陽バス経営陣には思ってしまいます。

「国鉄・私鉄の思い出」、更新しました。
http://kokutetu.blog.eonet.jp/117/2016/09/jr-5b50.html
「JR化後の福知山線、道場にて」
楽しかった武田尾を失った僕らは・・いろんなところで福知山線を撮影するようになりましたが…
道場もその一つです。
posted by こう@電車おやじ at 23:26| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする