2017年02月25日

暖かな神戸電鉄イベント。

粟生線サポーターズクラブさん主催の「旧デ101撮影会&親睦会」に友人からお誘いいただきました。
喜んで参加させていただいたのですが、昨日は金曜日、最後のお客さんがそれなりの距離のあるお嬢さんで、結局、帰宅は明け方4時を回ることに・・・
寝たのは90分ほどでしょうか・・焼酎煽ってガソリン注入。。。。

鈴蘭台車庫に10時までの集合とのこと、山陽バス・山陽電車で新開地へ・・
嬉しいことに1100系2ドア車の1107。
朝からついてます。
(そういえば・・新開地で阪急を見たらスヌーピー電車でした)
鈴蘭台で降りたときに撮影。
0225鈴蘭台神鉄1107.JPG

反対ホームには最新の6500系6501。
0225鈴蘭台神鉄6501.JPG

お天気と言い、ますますツキがあるような。。。
いま、大改造工事中の鈴蘭台駅。
0225鈴蘭台駅舎.JPG

駅前でお誘いくださったYさん、Fさんと待合わせ、集合場所の鈴蘭台車庫へ。。
車庫に電車が並びます。
0225神鉄鈴蘭台車庫.JPG

メインは・・・
特別電車6504号車内から・・旧デ10入換車両と新型のバッテリー入換車両。
0225鈴蘭台神鉄6504より101と入換車.JPG

デ101外観です。
今年度末で解体予定だったのが、取りあえず解体を免れたとのこと、できればモニュメントとしてでもいいから技術遺産としてどこかに飾ってあげてほしいですね。
0225鈴蘭台車庫神鉄101全景.JPG

デ101正面。
0225鈴蘭台車庫神鉄101正面.JPG

で101と新入換車両の並び・・新車もデザインはデ101のイメージですね。
0225神鉄鈴蘭台車庫101・入換車.JPG

新入換車の連結器、神戸側の連結器が、取り付け高さの違う連結器でもつなげるようになっていました。
0225鈴蘭台神鉄入換車連結器.JPG

旧デ101の車内。
抵抗器などがあります。
天井部分は原型の面影が残っています。
0225神鉄鈴蘭台車庫101車内.JPG

運転台。
営業に関するものがなく、マスコンとブレーキだけです。
0225鈴蘭台車庫神鉄101運転台.JPG

参加者の方が連れてこられていたキャラクター、旅行の際は必ずお供されるそうです。
0225鈴蘭台車庫神鉄101車内自作キャラ.JPG

さて、時間になったので電車に乗ります。
二週間前に入ったといわれるまっさらの新車・・
6503編成でした。
電車の中でお弁当までいただきました。

この団体特別電車、通過運転するんです。。
粟生線は結構速度が高いのですが、乗り心地は本当に快適そのもの・・
天井のスピーカーからは良質な音響で音楽まで流してくれています。

楽しく志染着。
志染駅で特別電車6503号と愛しの1107号。
0225志染神鉄6503・1107.JPG

新車、6503号の車内。
0225志染神鉄6503車内.JPG

15分ほどで折り返し。
車内でビンゴゲームがあり、なんと、僕は普段はこういうゲームはからきしなのに…
優勝でした。。。。電車の座席生地を使った座布団をいただきました。。。。

また快適に鈴蘭台へ・・・
鈴蘭台入線の1110、停車しているのは朝に見た6501編成。
0225鈴蘭台神鉄6502・1110.JPG

数人の方々とお茶。。。
駅前の神鉄が大好きなママさんおおられる喫茶店・・・ここも楽しかった。。。

さて、皆さんとお別れして僕は取りあえず帰ることに・・・
少しでも帰宅して寝てから介護に行かないと。。。

でも、お別れした方々が次のダイヤ改正でなくなる「小野行き急行」を粟生線で撮影されるとのこと、せっかくだから僕は途中の鵯越で降りて撮影しよう…
と思ったのですが・・・乗った電車、何も考えずに乗ったら準急でした。。。
停まらない。。。。。

仕方なく長田で降りて・・・すぐに来ました。。
1350系、1353先頭の「急行小野行」です。
0225長田神鉄1353A .JPG

接近します。
廃線の危機にある粟生線だからこそ、フリークエンシーと速達化は必要だと思うんですけどねぇ‥‥
0225長田神鉄1353B.JPG

それにしたも、温かさを感じた、ほのぼのしたイベントでした。
神戸電鉄の社員さんの方々も親身になってくれ、とても心のこもったイベント。
暖かい気持ちを抱いて・・今もほのぼのしています。粟生線サポーターズクラブの皆さん、
神戸電鉄の社員の皆さん、本日は本当にありがとうございました。

(そうそう、帰りも阪急の「スヌーピートレイン」見ました。。
ツキがあったと言うことですね。。
posted by こう@電車おやじ at 22:46| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック