2017年04月15日

神明急行覚書2・・桜の東谷公園

母の病院からの呼び出しやら、家族からの頼みやら・・
バタバタしております。。

病院から次の予定へ向かう途次、ちょっとだけ舞子の東谷公園を覗いてみました。
住所は南多聞台4丁目になります。
桜が綺麗で、のんびり寛いで花見をされている方々があります。

この公園は大体二つのエリアに分かれますが、その麓のほうのエリア・・
マンション敷地から螺旋階段か、ゆったりした坂道を上がったその先の細長い広場の桜です。
0414東谷公園北から.JPG

ちょうど電車の編成にすれば4両編成程度が二本、収まるでしょうか。
こここそ、神明急行「西舞子」駅の予定地であると推測しています。
これは南側から見た様子。
0414東谷公園南から.JPG

今の住所は南多聞台ですが、かつてこの辺りの団地は「西舞子団地」と呼ばれ、今も「西舞子幼稚園」「西舞子団地診療所」「西舞子小学校」があります。
ところが、今現在の我々地元住民の感覚では「西舞子」は、ここよりやや南の8・9丁目から、舞子小学校付近の3・4丁目、山田川の西側の5・6・7丁目、西舞子駅付近の2丁目、海岸沿い、旧街道の1丁目という印象ですね。
まだ今の住居区分が実施される前は広く「西舞子」という地域だったようで、その地域のやや山の手に駅が計画されていてもおかしくはないし、その名残りが昭和40年代初頭、この地域を開発するにあたって「西舞子」という名称をいろんなものにつけたのでしょうね。
今の南多聞台7丁目、8丁目あたりの団地もかつては「西舞子団地」でした。
今は「明舞団地」に飲み込まれた形になっています。

公園の桜、青空が綺麗でした。
0414東谷公園桜.JPG

なお、公園の擁壁などの構造物は昭和40年代初頭のものと思われます。
団地が開発され、公園が出来た時に整備されたものなのでしょう。

さて、その少し北、マンション敷地の北端にこの公園へ上がる路盤の名残りが見られます。
0414コスモ舞子坂北未成線跡.JPG

この場所を更に北、西岡橋の袂を少し南へ入ったところから眺めると・・・
路盤が公園に向けて上がっていく様子が見て取れます。
0414西岡橋未成線跡2.JPG

以前は橋の袂にもその痕跡が残っていました。
今、駐車場ができて、路盤の痕跡が消えています。
0414西岡橋未成線跡.JPG

以前に書いた、山陽バスの清水が丘車庫が神明急行「多聞」駅の跡地なのですが、そこから地形に反して建物の建ち方が変わってている場所があり、そこをたどるとこの西岡橋の袂に出てきます。
以前の神明急行須磨寺・多聞間の記事は以下をご覧ください。
http://densya-oyaji.seesaa.net/article/438917586.html
「神明急行覚書1」

さて、この日はこの後も用事が続き、ずっと以前からお伺いしていた明石での落語会には少し遅刻しました。
笑福亭喬若さん・・
この日の演目は「看板のぴん」「粗忽長屋」でした。
大いに笑いました。。
0414笑福亭喬若2_1196.JPG
posted by こう@電車おやじ at 06:41| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449025406
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック