2017年04月20日

ちょいっと大蔵谷。。

時間も経済も思うに任せず、自分の身体がひどく疲れていてもやっとのことで、接骨院へ行き、施術してもらい少し楽になりました。
時間を見ると、3時間くらいは自由にできそう・・・
電車を見に行きましょう。。

友達たちの多くは山陰へ「瑞風」を見に行っていますが、とてもじゃないけど山陰までいけないし・・・
山陽電車の新車を見たいなぁ・・・というわけで。。

大蔵谷駅。
ちょうど、キハ189「はまかぜ」が・・3両でかっ飛んで行きました。。
0420大蔵谷キハ189.JPG

お!!!
3611・・・
編成変更になったクハです。
0420大蔵谷山陽3611.JPG

2両目は3502、サハ鋼製車の最若番。
0420大蔵谷山陽3502.JPG

3両目が3033。
3000系としては後期の電動車です。
0420大蔵谷山陽3033.JPG

そして神戸側の先頭車は3032・・
この電車と組んでいた3616、そして3611と組んでいた3022・3023が廃車され、このような編成になりました。
山陽3000系といえば規則正しい番号付与が特徴でしたが、ここに来て崩れています。
6000系は3編成が今春投入され、ウチ一本は既に営業運転についているとか。。
昨春からの2編成とあわせ、今春には5編成になったわけで、3000系の淘汰が気になります。
噂では2編成分は今後の計画のために置き換えず、今回は3編成が置き換わるとか・・
すでに3002・3022が淘汰され、残り一本は・・どなた??
0420大蔵谷山陽3032.JPG

擬似鋼製車、実はアルミカー・・3066。
0420大蔵谷山陽3066.JPG

アルミカー3641、3072F。
0420大蔵谷山陽3641.JPG

阪神8000系8214。
0420大蔵谷阪神8214.JPG

山陽5000系5018、幌枠と赤帯が平行タイプなのが特徴です。
0420大蔵谷山陽5018.JPG

山陽5000系5020、幌枠と、赤帯が斜めカットタイプなのが特徴、僕の好きな編成です。
0420大蔵谷山陽5020.JPG

そして・・なにやら白いヘッドライト・・・もしかして・・・・
来てくれました!!!!
数日前に運用に入ったばかりの新車、6000系第3編成、6002です。
0420大蔵谷山陽6002.JPG

折角だからこれに乗ります。
乗り心地はよいし、車内は綺麗だし・・・言うことなし。。
舞子公園でなんと横にも6000系が。。。
第2編成、6001Fでした。
姫路方先頭車の並び。
6102・6102!!
0420舞子公園山陽6102・6101.JPG

6001が去っていきます。
0420舞子公園山陽6001.JPG

次の直特で霞ヶ丘退避の先ほどの6002より垂水へ先行、垂水駅で待ち構えました。
垂水駅に6002が入構します。
0420垂水山陽6002.JPG

3612と並んだ6102。
0420垂水山陽6102・3612.JPG

6002F、6102を先頭にした全景。
0420垂水山陽6102.JPG

なお、6000系の正面幌枠は6連に組むために用意されているとのこと。
連結面になる部分に幌枠がつきますから、編成によって幌枠のついた顔の向きが違うという、またまた山陽電車らしい楽しいことになりました。。

posted by こう@電車おやじ at 15:26| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック