2017年11月30日

東垂水駅でのひととき。

どうしてもしたい買い物があり、都心のほうへ出かける前に東垂水駅へ。。
ワンデイチケットですから。。。
この駅のいかにも列車が速そうに見える俯瞰は・・・癖になっています。。

今日見たかった列車の一つがこれ!
DD51の機関士養成訓練、通称「ハンドル訓練」列車です。
青い12系を5両繋いでいて、このまま「但馬51号」と言われてもだれも疑わない??
1130東垂水DD511193A.JPG

実は、この列車の直前に山陽6000系の直特があったのです。
そしてそれを撮影していて、いきなりカメラのバッテリー切れ。。。
ちょうど、スペアのバッテリーを持ってきていたので、交換・・・しようとすると、電池蓋が外れる・・・・
めっちゃ焦って蓋を取り付け、電池を交換し・・・何とか立ち上がり、カメラをまともに構える暇もなくこの列車が来たという・・・・

フレーミングが無茶苦茶になっていて、でもそれを直す暇はなく・・トリミングして仕上げてあります。。
あそこで電池蓋、はずれるか〜〜〜〜Nikonさん!!!もうちょい、しっかり作ってよ。。。

DD511193けん引の客車列車、乗せてください!!JRさん!!!!
1130東垂水DD511193B.JPG

ロングノーズの長さがよくわかります。
かっこいいです!!
1130東垂水DD511193C.JPG

12系客車が霞む明石海峡のほうへ走り去ります。
それにしても・・撮れてよかった。。。
1130東垂水12系.JPG

1時間15分遅れ、当地紅一点、EF510-3牽引貨物列車2080レです。
1130東垂水EF510-3.JPG

特急スーパーはくと、こういう流線型の列車はここの俯瞰がホントカッコいい。。。
1130東垂水HOt7000.JPG

キハ189「はまかぜ」接近に気付かず、慌てて後尾を狙いました。
1130東垂水キハ189.JPG

EF200-17牽引貨物、2081レ。
また一機、運用を離脱したと聞くEF200です。
1130東垂水EF200-17.JPG

EF200-19牽引貨物、2070レ、所定なら垂水で13:40分過ぎからこの二列車でEF200の競演が見られます。
1130東垂水Ef200-19.JPG

山陽電車の側も魅力的な車両が次々来てくれます。
阪神9300系第2編成、9503。
1130東垂水阪神9503.JPG

未更新3050系トップナンバー3050。
1130東垂水山陽3050.JPG

未更新3000系3030。
1130東垂水山陽3030.JPG

3000シリーズ最終増備編成、3078、中間に3501の挟まっている編成です。
1130東垂水山陽3078.JPG

6000系6001による普通。
ついに6000系はさらに3編成が搬入されたそうで・・・まもなく、珍しくはなくなるのでしょうか。
僕個人は6000系より5000系のデザインが好きですが、6000系でもこの幌付きの顔立ちはとても男前だと思っています。
1130東垂水山陽6001.JPG

そして・・6002+6003による直特・・・
この撮影時にバッテリー切れを起こしたのでした。。。
皆さん、撮影前にデジカメの充電をお忘れなく。。
1130東垂水山陽6002直特.JPG

このあと、神戸で買い物しようとしましたが思っていたものがなく、そこへ、ちょうどこちらのほうに来ておられた、鉄道ファンで元営業カメラマンのKSさんとお茶して・・楽しい時間を過ごし、それから元町へ・・・
ここで欲しいものがありました。。。

このあと、母の介護に行ったのは言うまでもありません。
posted by こう@電車おやじ at 20:28| 兵庫 ☔| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

谷上・箕谷へのひと時

12月3日まで谷上駅のドームギャラリーで神鉄写真展「ミュージアムトレインの素敵な仲間たち」が開催されています。
参加されている方の半数ほどが私の知り合いでもあり、これは是非にも見に行かなくてはと・・・

そこで給料前の厳しい状況ですが、なんとか電車賃の確保ができたので(神鉄は高いんです。。。)行ってきました。
今回は「垂水舞子ワンデイチケット三宮版」で湊川から乗り越しという手を使いました。
これが最も安く神鉄へ行ける方法だからです。

新開地へ行くとこの電車が来てくれました。
1000系列の3ドア編成、1350形1360.
1126新開地神鉄1360.JPG

運転台越しに秋の風景を‥
鵯越駅。
1126鵯越駅.JPG

菊水山駅跡。(休止中です)
1126菊水山駅跡.JPG

乗ってきた電車を谷上駅で…
1126谷上神鉄1360.JPG

向かいのホームには神戸市営地下鉄3000系。
1126谷上神戸市3624.JPG

さて、谷上駅のドームギャラリーです。
力作ぞろい!!
1126谷上神鉄ギャラリー2.JPG

いいですね〜〜
1126谷上神鉄ギャラリー1.JPG

良い勉強と目の保養になりました。

さて、構内の「北神餃子」さんは日曜日で定休です。
ちょっと箕谷まで歩こうと思っていたので、途中の「もっこす谷上店」に入りました。
このお店、何十回とみているのですが、入るのは初めてです。

愛想の良い青年風のお兄さんと、なんだか一本筋の通っていそうなお姉さんがお店を切り盛りされています。
もっこすでは「チャーシュー麺」でしょう・・
お値段は1000円、舞子のお店より20円、西明石店より50円高いのですが・・・

めっちゃええ香り・・いかにももっこす上出来!!って感じです。
汁をすすると、これまたホンマモンのもっこす!!って感じ・・
あのかっこいいお姉さんすごい。。。。
もっこす谷上チャーシュー麺.jpg

さて、食ったので歩きます。
お天気予報は晴れで、だのになぜかこの辺りはドン曇り、小雨も降ってきます。。。
寒い。。。。。

線路際へ出ると、ああ・・昔、この辺りで撮影したなぁ‥と思い出しました。
一番最後は確か、昭和61年12月だったかと。。。

終わりかけの紅葉がまた素晴らしい・・・
寺院や古民家の屋根越しに山の紅葉。
1126箕谷民家.JPG

5000系5014。
ちょっと露出をミスったのですがかえって絵のような雰囲気になったかも・・
1126箕谷5014.JPG

1350系1352。
有馬・三田線では2ドア車の運用は激減しているようなので、このシリーズが来てくれれば十分嬉しい。。
1126箕谷神鉄1352.JPG

1350系1361、真横には残り柿。
1126箕谷1361.JPG

3000系3007.
1126箕谷3007.JPG

柿の木の横を行く、5000系5009。
1126箕谷神鉄5009.JPG

その後追い。
1129箕谷神鉄5010.JPG

箕谷駅、いかにも山の中という感じの好ましい駅舎です。
1126箕谷駅舎.JPG

この電車、もう三田から折り返してきた・・・・
って、この電車に乗らないで撮影するから後で大変なことに…
1126箕谷神鉄1360.JPG

5006の後追い、山の中へ吸い込まれていきますがその向こうには高架道路が‥1126箕谷神鉄5006後追い.JPG

乗ったのはこの電車・・・
時刻は午後4時28分。。
1126箕谷神鉄5008.JPG

で・・新開地へのんびり降りていき、独特の乗り心地を楽しんでいたのですが・・・
新開地ではすぐに直特が来たのですが・・・
その直特も早く走ったのですが・・・

母の介護に間に合わない事態に…(^_^;)
あれ??・・1時間15分くらいは時間を見てたのだけど・・・・

仕方なく、西舞子駅で自社のタクシーを呼び、病院へ急いでもらいました。。
箕谷って・・・・遠いんやね。。。。。

そういえば往路の谷上まで、湊川からの乗り越し運賃は13.7キロで450円、復路の箕谷から湊川まで12.0キロは410円でした。。
ちなみにやはり高いといわれる山陽電車の西代、西舞子間12.4キロ370円でした。
参考までに・・大手私鉄でも高いとよく言われる南海電車の難波と石津川の間、12.4キロ330円です

やっぱり高いなぁ・・神鉄。。。。

あ・・早々本日撮影した唯一の山陽電車の写真、meetcollar台湾号、
1126垂水山陽5605
posted by こう@電車おやじ at 22:28| 兵庫 ☁| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

山陽3000を想う夜

僕は山陽電車の3000さようなら運転の抽選には申し込まなかったし、その日が仕事シフトでも、年休を使うなどということはしませんでした。
子供のころから「サンデン」のスター的存在だった3000の引退なんて、その最後の花道なんて、見たら泣くじゃないですか。
基本的に山陽電車3000系全般で言えば、のちの5000系のほうがデザイン的に好きなこともあり、例えば僕の好きな鉄道車両五指といえる、南海11001系、阪急6300系、京阪3000系、名鉄7000・7500系、国鉄117系を自分の中で超えるわけではありません。
でも、山陽電車は子供のころ、幼少のころからの馴染み深い鉄道で、そこを今も走っている3000・3050系群にはある意味友達のような感覚を持っているのもまた事実です。

その中で3000・3002は違います。
この二編成はアルミボディの輝きとともに、山陽の輝くスターであったわけです。
しかも、彼らは登場時から引退までスターでした。

最後の最後まで文字通り銀の車体を輝かせて、沿線利用客や鉄道ファンに愛され続けたのです。

そんなわけで、「国鉄・私鉄の思い出」も、山陽3000・3002を取り上げました。
「PhotoArchive:山陽3000系初代アルミカーを想う」
http://kokutetu.seesaa.net/article/455102533.html

出来れば、最後にもう一度、特急運用が見たかったなぁ‥
3600須磨浦特急.jpg

そして自分にとって忘れられない写真がこちら・・
舞子台の街角から偶然見かけた3000F・・
明石海峡大橋をバックに走ります。
山陽3000舞子台太帯20101008.JPG

3600と明石海峡大橋、それに六角堂の屋根・・
山陽3600舞子台太帯20101008.JPG

電車の引退に、ここまで涙する車両に出会えたこと、深く感謝します。
また、最後までこの車両をきちんと保守してくださった山陽電鉄の技術陣に心の底からお礼申し上げます。

山陽3000・3002、そして山陽電鉄のスタッフの皆さん、長らく本当にありがとうございました。
posted by こう@電車おやじ at 21:37| 兵庫 ☀| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

さようなら山陽3000F、お名残り追っかけの一日。

山陽電車で一番有名な電車、新幹線がブルーリボン賞を受賞した同じ年のローレル賞受賞という華やかな電車、山陽3000Fは、本日11月22日運用終了、23日にさようなら運転です。
最終運用は朝のうちだけと聞いていましたので、僕としてはちょうど公休日に当たる11月21日にお名残り乗車することにしました。
ただ、あまりにいいお天気で、撮影もしたいし、ちょっと浮気も・・・することに。。。

まずは朝の運用から・・・と行きたかったのですが我が家の事情もあり、家を出たのは7時すぎ・・
チケットは前日のうちに買っておいた「垂水・姫路ワンデイチケット」1400円也〜〜
バスも使う用事もあるのでこれで・・たぶんこの日はその数倍は乗ることになるかと。。。。

で・・朝ラッシュの満員の直特で高砂へ。。。
加古川橋梁の取り付け部へ行きます。
橋梁脇の鉄道敷地と河川敷の境の金網の目の間から望遠で金網をぼかして狙います。
来ました。
1121加古川橋梁山陽3000.JPG

この姿も本日が見納めかと思うと悲しい・・
1121加古川橋梁山陽3600.JPG

6000系直特が。。。。
1121加古川橋梁山陽6002直特.JPG

「うみひこ・やまひこ」の創立110周年記念号が‥
1121加古川橋梁山陽5604うみひこ.JPG

後尾、紅い色合いが山陽電車では異質ですね。
1121加古川橋梁山陽5008やまひこ.JPG

さらにmeetcollar台湾号が。。
1121加古川橋梁山陽5605meetcollar.JPG

向こうの新幹線をレールスターが行きます。。
1121加古川橋梁レールスターこだま.JPG

この朝の・・・電車による歓迎のようなムード・・びっくりします。
「ようこそ、加古川橋梁へ〜〜〜」と言われたような。。。

さて対岸へ南の旧国道、相生橋を渡ります。
橋の上から、トラックが通るたびに揺れるのを身体で押さえながら。。。

3050系が西神吉の山々をを背景に渡ります。
すごく快晴です。。
1121加古川橋梁山陽3060サイド.JPG

高御位山を背景に5000系が行きます。
1121加古川橋梁山陽5006サイド.JPG

長い橋を渡って、今度は東側の土手を歩きます。
さっきの3000Fが神戸で折り返してくるまで、ちょっと新幹線に浮気します。。
長らく、来ることができなかった場所です。

お!!700系!!!
1121加古川橋梁700系ひかり.JPG

こちらはN700「みずほ」
1121加古川橋梁N700みずほ.JPG

レールスターはもともと「ひかりレールスター」でした。
貴重な「ひかり」運用が。。
と言っても走っているところを見ても「ひかり」「こだま」の区別はつきませんが。。
1121加古川橋梁レールスターひかり.JPG

そして500系EVA!!
でも車体色が風景に溶け込んでしまいます。。。
1121加古川橋梁500系EVA.JPG

時間になったので高砂線廃線敷を歩き尾上の松駅へ。
来ました。
1121尾上の松山陽3600.JPG

この電車に乗ります。
ちょうど電鉄のいつもお世話になる方が添乗しておられました。
鉄道ファンの暴走で電車が止まれば大変なことですから・・ご苦労様です。

車内のギャラリーです。
山陽電鉄社内有志でこの電車の写真を出し合って展示したそうです。
こちら3000号の神戸よりは鉄道史的にも貴重な入線当時の写真が‥
1121山陽3000車内ギャラリー2.JPG

吊り輪にもお洒落な飾りが…
1121山陽3000車内つり革.JPG

ローレル賞プレート。
1121山陽3600ローレル賞.JPG

車号銘板・・銘板の上の蓋のようなものはかつて、ここに非常口という電照表記をするための準備をしていた跡だそうです。
1121山陽3600車番銘板.JPG

運転台後ろの様子。
こちら側は優先席で、座席の色合いが青系統になっています。
山陽3000系は運転台直後の部分は立ち席になっているのが一般的ですが、3000・3002の2編成はここにも二人分の座席があります。
1121山陽3600運転台後ろ.JPG

この電車で姫路へ向かいます。
車内は鉄道ファンもそうですが、一般の乗客の方もこの電車の最終運行を知って乗っておられるようです。
天井のギャラリーを熱心に見る方が多いのが印象的です。

座席下の暖房がポカポカと心地よく、心の底からリラックスできます。
姫路駅に着きました。
電車の窓を掃除してくれています。
1121姫路A山陽3600.JPG

女性の方々も電車にスマホを向けています。
1121姫路Asannyou3600と女性.JPG

この電車折り返しをいったん見送り、そのあとの直特で追いかけます。
大塩でまた、追いついて乗車します。
1121大塩山陽3000.JPG

東二見から「しおりん」が乗ってきました。
朝のうちは灘で落語会に参加していて、ここまでこの電車を求めてやってきてくれたそうです。
のんびり鉄談義しながら、垂水まで乗ることにしました。
特急待ちの霞ヶ丘で・・
1121霞ヶ丘山陽3000.JPG

3000F特徴の運転台後ろの席に座る「しおりん」
1121しおりん3000車内前の席.JPG

とりあえず僕たちは垂水で折り返します。
発車風景。
1121垂水A山陽3000.JPG

で・・下り直特で飾磨を目指します。
網干線にも乗りに行こうというわけです。
飾磨で山陽そばに入り、うどんを食ってから網干へ・・

網干線6104です。
1121網干山陽6104.JPG

次の電車で折り返し、ちょうど飾磨に3000Fが来る時刻。
1121飾磨山陽3600入線.JPG

姫路駅で折り返し前の様子。
1121姫路B山陽3000.JPG

ここでFacebookでのお友達であるKWさんに声をかけてもらいました。
3000車内で3人で賑やかに話しながら・・

でも、僕は母の介護に行かねばなりません。
朝早くからの追っかけもすでに時刻は夕方5時前です。

垂水でみなと別れ、一旦、舞子へ戻り、山陽バスで母の病院へ。。。
そして介護を終えて今度は別の用事で山陽バスを乗り継いで本多聞へ。
それが終わるとまた山陽バスで垂水駅へ。。。。

今度は夜のラッシュの直特でずっと立ちっぱなしで、大塩へ。
運用予想があっていればここで3000Fと出会えるはずです。

予想より一本後の電車に来ました。。
1121大塩B山陽3000.JPG

反対のホームには3056が。
1121大塩山陽3000・3056.JPG

さすがに鉄道ファンの少なくなった列車に乗ります。
お尻の下からのポカポカ暖房がこの電車のやさしさのような気もします。
泣けてくるではないですが・・

別府で降りました。
僕が初めてこの電車を意識した別府駅でこの電車を見送りたいのです。

発車していく3000F・・・
万感の思いを込めて。
1121別府山陽3600後追い.JPG

駅前の「ラーメンまいど」さんに立ち寄り、店主のにこやかな表情にもほっとします。
いつものラーメンと焼酎・・・
しばし、今日の想いを振り返ります。

さて、帰らねばなりません。
3000Fは最後にもう一度神戸から姫路へきて、そして東二見に入庫しますが、僕はもうお別れを済ませました。
別府駅では次のスターになれるでしょうか・・
5000Fの端正な表情がありました。
1121別府山陽5000.JPG

そして東二見で、直特を待つ間・・
向かいのホームにはかつて3000Fの仲間だった3500号を繋いだ編成が。。
1121東二見山陽3500.JPG

そこへ折よく、新世代6000系直特が。。。
1121東二見山陽6002.JPG

垂水から山陽バスに乗り、遅く帰宅して、すぐに眠ってしまいました。

なおこの日、1400円の「垂水姫路ワンデイチケット」でしたが・・
鉄道は9回乗って、バスに6回乗って合計6690円分乗車させていただきました。
山陽電車さん、破格なサービスをありがとうございます。。。
posted by こう@電車おやじ at 11:44| 兵庫 ☀| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

いよいよ3000ラストラン・今日の500系。

山陽3000F、アルミ車両で本格的な量産設計の画期的な車両ですが、いよいよ運行終了まで数日を残すところとなりました。
最初、用事のついでに西舞子駅近くで構えたのですが・・・どうもダイヤを読み違えていたらしく、うまく巡り合いません。
そこで用事の一つを済ませてから再チャレンジ。
場所は舞子公園駅にしました。
(あくまでも買い物のついでです)
舞子公園駅を出る上り普通車、ヘッドマークもつけてもらった、山陽で一番有名な電車、3000Fの花道です。
1118舞子公園山陽3000A.JPG

ゆっくりと加速し接近します。
1118舞子公園山陽3000B.JPG

後尾3600、目の前を過ぎていきます。
1118舞子公園山陽3600A.JPG

本日の運用はこれが最後で、東須磨に入庫するそうです。
1118舞子公園山陽3600B.JPG

さて、時間間違いで撮影できなかった時にやってきた電車も。。
西舞子駅近くです。
なんと、6000系直特、6002F。
1118西舞子山陽6002直特.JPG

こちらは3060Fの3635、好きな編成ではあります。
1118西舞子山陽3635.JPG

さて、次の買い物に垂水区北部へ・・・
ここに来たからには、新幹線でしょ!!
長坂トンネル、本日は雨上がりの夕暮れ時刻。
N700Aが上っていきます。
1118長坂N700A上り.JPG

すぐに下り、この日本の列車は時刻が接近していて、いつも何とか一瞬並んでくれんかなぁ‥と思います。
並んでくれても時速280キロくらいは出てますけど。。
1118長坂N700A下り.JPG

500系「こだま」の下り。
後追いです。
架線ビームにお顔がかぶりました。
速すぎて難しい・・・新幹線です。
1118長坂500下り.JPG

上り500系「こだま」日暮れた後の時刻、都会の脇の丘陵が深山に見えてきます。
1118長坂500上り.JPG

このところ、仕事での営業成績が芳しくありません。
忘年会前の時期ですから仕方ないのですが、小遣いにも不自由しています。。。。
しばし、地元鉄に取り組むしかなさそうです。

posted by こう@電車おやじ at 19:40| 兵庫 ☔| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする