2017年11月07日

頑張れ南海電車!!

昨日、11月6日は3人の方に会いに、3か所へ・・・
春日野道、新世界、難波・・・・
よくよく見ると非常に庶民的なところばかりかな。。
春日野道では久々に美女とお茶。。。
新世界では詩人でチームリーダーの女性の方とお茶。。

その次の約束との合間、新世界から難波への移動の時、ちょっと30分ほど時間が空いたので南海電車の今宮戎駅へ・・

泉北高速7000系〜〜
1106今宮戎泉北7501.JPG

泉北高速5000系〜〜
1106今宮戎泉北5503.JPG

南海電車6101系改め6300系。。。
1106今宮戎南海6301.JPG

南海電車1000系〜〜〜
1106今宮戎南海1004.JPG

樽井の先で不通になっている南海本線、高野下から先が不通になっている高野線・・・
いずれも復旧には相当の時間を要しそう・・・
高野山にも和歌山にも行けない南海電車。。。
現実は利用客の9割はそこに立ち入らないのでしょうけれど、それにしても寂しいものがあります。
特に「サザン」運休とあっては南海本線の列車間隔は間延びしてしまい、しかも、単線運行を余儀なくされる区間の混雑を少しでも抑えるための普通列車への長編成投入で、電車のバラエティも少なくなってしまい、全体として寂しい感じは否めません。

泉北高速から移籍した3000系。
1106今宮戎南海93513.JPG

南海6101系改め6300系、泉北7000系にラピートが。。。
1106今宮戎南海6306・泉北7503・ラピート.JPG

最後は「ラピート」
1106今宮戎南海ラピート.JPG

このあと、3人目のお相手はこの日初めての男性でもちろん鉄道ファンのIさん。
難波の喫茶店で2時間半にわたり鉄談義の後、旭屋書店の鉄道コーナーでお遊びしました・・・・
Iさん、ありがとうございました!!!
posted by こう@電車おやじ at 06:59| 兵庫 | Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

瑞風・山電・新幹線。

今日は久々の3連休の三日目・・ゆっくり休もうと思っていたのですが、お天気があまりによいし・・・
瑞風走るし・・お出かけしてしまいました。。
後のこともあるので我が家のK4でお出かけです。
まずは大蔵谷駅。
「トワイライトエクスプレス瑞風」、定刻にやってきました。
1104大蔵谷瑞風1.JPG

案外ゆっくりと接近してきます。
1104大蔵谷瑞風2.JPG

目の前を通過、食堂車ではランチを楽しむ乗客の姿も。
1104大蔵谷瑞風3キシ.JPG

下っていきます。
1104大蔵谷瑞風4後追い.JPG

明石天文科学館と。
1104大蔵谷瑞風5後追い.JPG

223系新快速、一瞬の出会い。
1104大蔵谷223出会い.JPG

221系、数少なくなった原形車です。
1104大蔵谷221原形.JPG

EF210-158が後ろに無動力EF66115を繋いで下っていきます。
1104大蔵谷EF210−158・EF66115.JPG

後ろ姿・・・
1104大蔵谷EF210-158・EF66115後追い.JPG

EF510-17、当地における紅一点。。
1104大蔵谷EF510-17.JPG

山陽電車の直特3連発・・・
5607(5014F)万灯祭看板付き。
1104大蔵谷山陽5607万灯祭.JPG

5631、神戸マラソン看板付き。
1104大蔵谷山陽5631神戸マラソン.JPG

6000系6103の直特。
1104大蔵谷山陽6103.JPG

普通車にも5000ちょうど。
Tc5600。
1104大蔵谷山陽5600.JPG

T5500。
窓柱の黒塗り、やっぱりかっこいいです。
1104大蔵谷山陽5500.JPG

M'5001。
1104大蔵谷山陽5001.JPG

Mc5000。
直特にあまり使われないゆえか、きれいな感じがします。
1104大蔵谷山陽5000.JPG

そして5605「meetcollar台湾号」、本日はズーム流しで。。。
1104大蔵谷山陽5605台湾.JPG

この後・・急に空掻き曇り・・・
ちょっと明石で用事そしていた間にすっかり曇り空。
そこへ阪神1000系の妙な?ラッピング電車が。。
灘五郷デザインの電車でしたが、液晶を停めるためにシャッター速度を遅く、電車の速度が高いのでぶれそうで・・ズーム流ししたらこんな写真に・・なってしまいました。。
1104大蔵谷阪神1257.JPG

さらに暗い空の下、さっきの6000系直特が折り返してきましたが・・・
1104大蔵谷sな尿6002.JPG

ここで一旦、友人たちに会うためにクルマで大久保のほうへ・・

お茶してしばし鉄談義して・・・

別の用事で玉津へ・・
ついでにイズミヤの駐車場から・・・・・明石川を望むポイントです。

さっきのにわか雨の後、空には雲が多く、その合間に青空という感じです。
明石の新しい風景、パピオス高層マンションと明石海峡大橋。
1104明石風景.JPG

一瞬、陽が射してくれました。
そこを上りのN700「のぞみ」が・・
1104明石川N700上り.JPG

遠くに下りN700「のぞみ」が見えてきました。
長坂トンネルを出ると姫路駅の先までトンネルがなく、山陽新幹線最長の明かり区間です。
遠くに見える山、右が鷹取山です。
1104明石川N700下り遠望.JPG

その列車が接近しました。
N700Aです。
1104明石川N700A下り.JPG

さぁ、500系の時刻・・・しかし空がまた曇ってしまいました。
まず、下り500系「こだま」です。
1104明石川500下り.JPG

数分後に上り500系「こだま」です。
1104明石川500上り1.JPG

後尾。
ここで太陽が欲しかったなぁ…
1104明石川500上り2後追い.JPG

そのあと、介護に行き、帰宅したら夜空に満月・・・
思わず撮影しました。
1104満月.JPG
posted by こう@電車おやじ at 20:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

網干総合車両所公開へ行く。

11月最初の電車おやじ的、鉄日記です。。
毎年この日に行われる網干総合車両所公開、今年は9月10月と週末台風のおかげで多くのイベントが中止、あるいは雨の中開催という関係者もファンもやきもきする状態でしたが、日ごろの行いが良いのか、網干総合車両所公開は秋晴れになりました。
その分、来客も青天井。。。。。。

山陽電車の車内で、美女鉄道ファンのY子さんと都合を合わせてお会いし、この方とはいろいろ繋がっていますが、お会いするのはずいぶん久しぶりです。
現地ではやはり鉄道ファンのKBさん、FZさん、MKさんと時間を合わせていますがはてさて・・・

山陽姫路駅まで時間を忘れて鉄談義しながら、快適な5030系・・
姫路駅で5633と5600が並びました。
1103姫路山陽5633・5600.JPG

JRへ乗り換え、網干から神姫バスが運行してくれているシャトルバスで車両所へ・・
シャトルバス乗り場になっている空き地、商業施設の工事が始まったようで、来年は使えないかも。。。

車両所についても行列がすごく、オープニングセレモニーは見られず、しばらく並ぶことに。。
動き出してしまえば広い車両所のこと、のんびり見物できます。
奥の車両展示へ・・・
播但線103系と223系が並んでいます。
1103網干103・223.JPG

その横の建屋内、噂の117系が‥
本来は吹田持ちの車両ですが、この公開のメインが「歴代新快速」なのでお借りしてきたようです。
唯一本の原色編成です。
1103網干117.JPG

正面・・
ヘッドマークはもはやかつての新快速のものは入っていないそうで、これは今現在、臨時に使う際の表示だそうです。
でも、ワタシは違和感を感じます。。。
わかりますか????
1103網干117正面.JPG

運転台の窓枠、117系の特徴である黒が施されていないのです。
あそこが黒であるだけでずいぶんカッコいいのに。。。
これは網干の方に言っても仕方のないこと・・吹田持ちですから。。。。。
221・223・225の各系列が新快速表示で並んでいましたが、ま・・割愛。。。。

ここでKBさんと出会えました。
お会いするのは初めての方ですが、さすがに鉄道ファン同士、すぐに打ち解けます。

新快速展示の横、敷地の一番外側にはディーゼル機関車と客車の展示。
DD511192、よく撮影する機関車です。
1103網干DD511192B.JPG

反対側。
1103網干DD511192.JPG

オヤ3131、通称オイラン、限界測定車です。
週明けよりこの車両の全般検査があるそうです。
おおさか東線で測定の活躍が期待されます。
こちらが後位です。
1103網干オヤ3131.JPG

後位側の台車とサイド。
1103網干オヤ3131膠飴サイド.JPG

中央の検測用矢羽根。
1103網干オヤ3131中央サイド.JPG

前位側(正式にこちらが前のほうということです)
1103網干オヤ3131前位.JPG

オヤ31の隣にはマイテ49が。。。
1103網干マイテ・オヤ.JPG

マイテ492、先月、入場回送を撮影した車両ですが、本日は展望室側も見ることができます。
1103網干マイテ492.JPG

しかし、すごい逆光です。
展望車は展望室が後ろになるわけで、こちらが前位、前のほうです。
客車のいい雰囲気にあふれています。
1103網干マイテ492前位.JPG

瑞風ブース前の精巧な「瑞風」模型。
1103網干瑞風模型.JPG

二階に上がると、巨大なプラレールが。。。
1103網干プラレール.JPG

今年はNゲージのレイアウトがありました。
1103網干Ngage.JPG

鷹取工場が制作し、梅小路機関区が管理し運転するD51211のミニ版、部品が小さいだけで本物の蒸気機関車です。
1103網干D51211mini.JPG

さて、帰ります。
FZさん、MKさんとはお会いできず、仕方なくバスに乗り、姫路駅へ・・
姫路駅ビルの屋上に上がりました。
姫路城。
1103姫路城.JPG

姫路駅に入線するN700。
1103姫路2N700.JPG

山陽電車に乗ろうと思ったら「meetcollar台湾号」でした。。
1103姫路2山陽5605.JPG

このあと、別府の「ラーメンまいど」さんへ。
バイクで来られていたKBさんも追いついてこられ、店主さん交えてしばし鉄談義。。。
久々の晴天で気持ちの良い鉄活動でした。。



posted by こう@電車おやじ at 20:38| 兵庫 ☁| Comment(2) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

山陽バス、キュービック引退。

11月最初のこのブログはバスの話題です。
なお、10月最後のこのブログは夕陽でしたね〜〜〜
(電車おやじの名が泣く??)

山陽バスから「いすゞキュービック」の引退が告げられ、本日、11月2日、最後に残った路線用車両が垂水地区の各線を走りました。
ただ、ワタシはバスには詳しくなく・・・
(名うてのバスファンの方々と友達ではあるのですが・・(;^_^A・・)
キュービックと言われてもピンとこないのですが、あの、正面一枚窓の!!!と言われると「え!!そうなん!!」と思ってしまいます。
実はワタシが垂水に引っ越してきたのが1991年のはずで・・その時からずっと山陽バスを利用していて、長年、通勤でも利用して来た時の主力車種というわけで‥なるほど、自分の人生の中にあるバスのイメージというのはもしかしたらこの車種が大半なのではないかとまで思うほどなのです。

さて、本日、午後に所用で垂水へ・・
用事を済ませ、バスターミナルの様子。
強い夕陽があたりを照らし始めるころです。
真ん中に高が平線の中型車が写っています。
1102垂水山陽バス4040他.JPG

こちらは西舞子線のポンチョ、ワンドアタイプです。
1102垂水山陽バス4541.JPG

そのサイド、小さいバスですがホイールベースが長いのがわかります。
実はこのホイールベースの長さが、案外、運転士さんには扱い難い車種のようです。
1102垂水山陽バス4541サイド.JPG

さて、話題のキュービックはワンステップタイプ、中ドア両開き折り戸の個性的な車両です。
清水ヶ丘の車庫で休憩を済ませて、回送でやってきました。
垂水駅手前、天ノ下交差点です。
1102垂水山陽バス3054商大筋.JPG

車号は3054号で、この最初の3は「垂水線」を、次の0は導入された年度の西暦での4桁目を表します。
つまりこのバスは2000年に導入当時、垂水線(当時は2,3、4系統)、上高丸団地の先の離合不能区間を通るための信号装置「ライタグ」を備えているということです。
垂水駅ロータリーに待機。
1102垂水山陽バス3054公式側.JPG

そしてキュービックと言えば当初は前後ドアが主流でしたが、垂水線は長く前中ドアが用いられてきました。
この車両はワンステップタイプで、この2年前に同型が導入されたとき、当時の神戸市バスはいまだ垂水地区ではバリアフリー対応バスがなく、山陽バスがこのタイプを入れたことで、我が家近くの車いすの方が通勤にバスを使えるようになったと、当時の神戸新聞に掲載されたものです。
サイドの様子。
1102垂水山陽バス3054サイド.JPG

斜め後ろから・・ちょっとだけ山陽電車が顔を出しています。
1102垂水山陽バス3054斜め後ろ.JPG

いよいよ、5系統、山陽バス一般路線最長距離系統で運用に入ります。
ロータリーを最後のキュービックが回ります。
1102垂水山陽バス3054ロータリー.JPG

4・5系統、上高丸団地方面乗り場に着車し、大勢の乗客がバスに乗り込みます。
1102垂水山陽バス3054着車後ろ.JPG

ここで僕は別の用事があるので一旦、そっちへ向かい、用事を済ませてから有料駐車場に止めていた自分のクルマで先回りします。
向かった先は我が家近くの掖済会病院前。
地域のランドマークでもありますね。
秋色の公園の横をキュービックがやってきました。
1102垂水山陽バス3054掖済会1.JPG

掖済会病院のバス乗り場に停車します。
1102垂水山陽バス掖済会着車.JPG

神戸掖済会病院とキュービック、最後の組み合わせ。
この病院はもともとは県庁近くにあったものを、震災で被災し建て替えが必要になったことから、当時、総合病院のなかった垂水区に誘致したものです。
1102垂水山陽バス掖済会全景.JPG

これで僕の山陽キュービックへのお別れが終わりました。
駐車場を出たクルマからふっと見ると、秋色の中を191系統のバスがゆっくりと走ってくるところでした。
1102垂水山陽バス5209掖済会前.JPG

posted by こう@電車おやじ at 21:33| 兵庫 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

本日の夕陽

母の介護に行く前、あまりに空が晴れているので電車を撮影に行こうか・・・と思いながら・・
そうだ、夕陽を見に行こう!!
となりました。

狩口台の高台から播磨灘を望む場所で、道路の外側に出て、カメラを構えます。

くっきりと水平線上に浮かび上がっているのは、高松市の八栗山=五剣山です。
太陽はゆっくりと八栗山に向かいます。
1031狩口夕陽1.JPG

本日は五剣山の頂上付近に沈むことになりそうです。
このタイミングの日没は10月と2月の2回しかありません。
1031狩口夕陽2.JPG

もしかしたら達磨夕陽より珍しいものを見ているかも・・
1031狩口夕陽5.JPG

太陽が険しい山の中ほどまで降りていきます。
1031狩口夕陽7.JPG

ゆっくりと、周囲の海(実は平野も)照らしながら太陽が沈んでいきます。
浮島現象も起きています。
島ではなくも讃岐の山も浮いて見えるのも不思議です。
1031狩口夕陽8.JPG

太陽が去っていく瞬間。
1031狩口夕陽9.JPG

シルエットのように八栗山=五剣山が浮かび上がります。
なお、右の山は小豆島の白浜半島、左の山は高松市内の日盛山かと思われます。
1031狩口夕陽10.JPG

ものすごいドラマを見せてもらったような気がしました。
最後に、夕陽とススキ。
横に走る黒い線は電車の架線です。
1031狩口ススキ.JPG

posted by こう@電車おやじ at 20:53| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする