2017年11月24日

山陽3000を想う夜

僕は山陽電車の3000さようなら運転の抽選には申し込まなかったし、その日が仕事シフトでも、年休を使うなどということはしませんでした。
子供のころから「サンデン」のスター的存在だった3000の引退なんて、その最後の花道なんて、見たら泣くじゃないですか。
基本的に山陽電車3000系全般で言えば、のちの5000系のほうがデザイン的に好きなこともあり、例えば僕の好きな鉄道車両五指といえる、南海11001系、阪急6300系、京阪3000系、名鉄7000・7500系、国鉄117系を自分の中で超えるわけではありません。
でも、山陽電車は子供のころ、幼少のころからの馴染み深い鉄道で、そこを今も走っている3000・3050系群にはある意味友達のような感覚を持っているのもまた事実です。

その中で3000・3002は違います。
この二編成はアルミボディの輝きとともに、山陽の輝くスターであったわけです。
しかも、彼らは登場時から引退までスターでした。

最後の最後まで文字通り銀の車体を輝かせて、沿線利用客や鉄道ファンに愛され続けたのです。

そんなわけで、「国鉄・私鉄の思い出」も、山陽3000・3002を取り上げました。
「PhotoArchive:山陽3000系初代アルミカーを想う」
http://kokutetu.seesaa.net/article/455102533.html

出来れば、最後にもう一度、特急運用が見たかったなぁ‥
3600須磨浦特急.jpg

そして自分にとって忘れられない写真がこちら・・
舞子台の街角から偶然見かけた3000F・・
明石海峡大橋をバックに走ります。
山陽3000舞子台太帯20101008.JPG

3600と明石海峡大橋、それに六角堂の屋根・・
山陽3600舞子台太帯20101008.JPG

電車の引退に、ここまで涙する車両に出会えたこと、深く感謝します。
また、最後までこの車両をきちんと保守してくださった山陽電鉄の技術陣に心の底からお礼申し上げます。

山陽3000・3002、そして山陽電鉄のスタッフの皆さん、長らく本当にありがとうございました。
posted by こう@電車おやじ at 21:37| 兵庫 ☀| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

さようなら山陽3000F、お名残り追っかけの一日。

山陽電車で一番有名な電車、新幹線がブルーリボン賞を受賞した同じ年のローレル賞受賞という華やかな電車、山陽3000Fは、本日11月22日運用終了、23日にさようなら運転です。
最終運用は朝のうちだけと聞いていましたので、僕としてはちょうど公休日に当たる11月21日にお名残り乗車することにしました。
ただ、あまりにいいお天気で、撮影もしたいし、ちょっと浮気も・・・することに。。。

まずは朝の運用から・・・と行きたかったのですが我が家の事情もあり、家を出たのは7時すぎ・・
チケットは前日のうちに買っておいた「垂水・姫路ワンデイチケット」1400円也〜〜
バスも使う用事もあるのでこれで・・たぶんこの日はその数倍は乗ることになるかと。。。。

で・・朝ラッシュの満員の直特で高砂へ。。。
加古川橋梁の取り付け部へ行きます。
橋梁脇の鉄道敷地と河川敷の境の金網の目の間から望遠で金網をぼかして狙います。
来ました。
1121加古川橋梁山陽3000.JPG

この姿も本日が見納めかと思うと悲しい・・
1121加古川橋梁山陽3600.JPG

6000系直特が。。。。
1121加古川橋梁山陽6002直特.JPG

「うみひこ・やまひこ」の創立110周年記念号が‥
1121加古川橋梁山陽5604うみひこ.JPG

後尾、紅い色合いが山陽電車では異質ですね。
1121加古川橋梁山陽5008やまひこ.JPG

さらにmeetcollar台湾号が。。
1121加古川橋梁山陽5605meetcollar.JPG

向こうの新幹線をレールスターが行きます。。
1121加古川橋梁レールスターこだま.JPG

この朝の・・・電車による歓迎のようなムード・・びっくりします。
「ようこそ、加古川橋梁へ〜〜〜」と言われたような。。。

さて対岸へ南の旧国道、相生橋を渡ります。
橋の上から、トラックが通るたびに揺れるのを身体で押さえながら。。。

3050系が西神吉の山々をを背景に渡ります。
すごく快晴です。。
1121加古川橋梁山陽3060サイド.JPG

高御位山を背景に5000系が行きます。
1121加古川橋梁山陽5006サイド.JPG

長い橋を渡って、今度は東側の土手を歩きます。
さっきの3000Fが神戸で折り返してくるまで、ちょっと新幹線に浮気します。。
長らく、来ることができなかった場所です。

お!!700系!!!
1121加古川橋梁700系ひかり.JPG

こちらはN700「みずほ」
1121加古川橋梁N700みずほ.JPG

レールスターはもともと「ひかりレールスター」でした。
貴重な「ひかり」運用が。。
と言っても走っているところを見ても「ひかり」「こだま」の区別はつきませんが。。
1121加古川橋梁レールスターひかり.JPG

そして500系EVA!!
でも車体色が風景に溶け込んでしまいます。。。
1121加古川橋梁500系EVA.JPG

時間になったので高砂線廃線敷を歩き尾上の松駅へ。
来ました。
1121尾上の松山陽3600.JPG

この電車に乗ります。
ちょうど電鉄のいつもお世話になる方が添乗しておられました。
鉄道ファンの暴走で電車が止まれば大変なことですから・・ご苦労様です。

車内のギャラリーです。
山陽電鉄社内有志でこの電車の写真を出し合って展示したそうです。
こちら3000号の神戸よりは鉄道史的にも貴重な入線当時の写真が‥
1121山陽3000車内ギャラリー2.JPG

吊り輪にもお洒落な飾りが…
1121山陽3000車内つり革.JPG

ローレル賞プレート。
1121山陽3600ローレル賞.JPG

車号銘板・・銘板の上の蓋のようなものはかつて、ここに非常口という電照表記をするための準備をしていた跡だそうです。
1121山陽3600車番銘板.JPG

運転台後ろの様子。
こちら側は優先席で、座席の色合いが青系統になっています。
山陽3000系は運転台直後の部分は立ち席になっているのが一般的ですが、3000・3002の2編成はここにも二人分の座席があります。
1121山陽3600運転台後ろ.JPG

この電車で姫路へ向かいます。
車内は鉄道ファンもそうですが、一般の乗客の方もこの電車の最終運行を知って乗っておられるようです。
天井のギャラリーを熱心に見る方が多いのが印象的です。

座席下の暖房がポカポカと心地よく、心の底からリラックスできます。
姫路駅に着きました。
電車の窓を掃除してくれています。
1121姫路A山陽3600.JPG

女性の方々も電車にスマホを向けています。
1121姫路Asannyou3600と女性.JPG

この電車折り返しをいったん見送り、そのあとの直特で追いかけます。
大塩でまた、追いついて乗車します。
1121大塩山陽3000.JPG

東二見から「しおりん」が乗ってきました。
朝のうちは灘で落語会に参加していて、ここまでこの電車を求めてやってきてくれたそうです。
のんびり鉄談義しながら、垂水まで乗ることにしました。
特急待ちの霞ヶ丘で・・
1121霞ヶ丘山陽3000.JPG

3000F特徴の運転台後ろの席に座る「しおりん」
1121しおりん3000車内前の席.JPG

とりあえず僕たちは垂水で折り返します。
発車風景。
1121垂水A山陽3000.JPG

で・・下り直特で飾磨を目指します。
網干線にも乗りに行こうというわけです。
飾磨で山陽そばに入り、うどんを食ってから網干へ・・

網干線6104です。
1121網干山陽6104.JPG

次の電車で折り返し、ちょうど飾磨に3000Fが来る時刻。
1121飾磨山陽3600入線.JPG

姫路駅で折り返し前の様子。
1121姫路B山陽3000.JPG

ここでFacebookでのお友達であるKWさんに声をかけてもらいました。
3000車内で3人で賑やかに話しながら・・

でも、僕は母の介護に行かねばなりません。
朝早くからの追っかけもすでに時刻は夕方5時前です。

垂水でみなと別れ、一旦、舞子へ戻り、山陽バスで母の病院へ。。。
そして介護を終えて今度は別の用事で山陽バスを乗り継いで本多聞へ。
それが終わるとまた山陽バスで垂水駅へ。。。。

今度は夜のラッシュの直特でずっと立ちっぱなしで、大塩へ。
運用予想があっていればここで3000Fと出会えるはずです。

予想より一本後の電車に来ました。。
1121大塩B山陽3000.JPG

反対のホームには3056が。
1121大塩山陽3000・3056.JPG

さすがに鉄道ファンの少なくなった列車に乗ります。
お尻の下からのポカポカ暖房がこの電車のやさしさのような気もします。
泣けてくるではないですが・・

別府で降りました。
僕が初めてこの電車を意識した別府駅でこの電車を見送りたいのです。

発車していく3000F・・・
万感の思いを込めて。
1121別府山陽3600後追い.JPG

駅前の「ラーメンまいど」さんに立ち寄り、店主のにこやかな表情にもほっとします。
いつものラーメンと焼酎・・・
しばし、今日の想いを振り返ります。

さて、帰らねばなりません。
3000Fは最後にもう一度神戸から姫路へきて、そして東二見に入庫しますが、僕はもうお別れを済ませました。
別府駅では次のスターになれるでしょうか・・
5000Fの端正な表情がありました。
1121別府山陽5000.JPG

そして東二見で、直特を待つ間・・
向かいのホームにはかつて3000Fの仲間だった3500号を繋いだ編成が。。
1121東二見山陽3500.JPG

そこへ折よく、新世代6000系直特が。。。
1121東二見山陽6002.JPG

垂水から山陽バスに乗り、遅く帰宅して、すぐに眠ってしまいました。

なおこの日、1400円の「垂水姫路ワンデイチケット」でしたが・・
鉄道は9回乗って、バスに6回乗って合計6690円分乗車させていただきました。
山陽電車さん、破格なサービスをありがとうございます。。。
posted by こう@電車おやじ at 11:44| 兵庫 ☀| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

いよいよ3000ラストラン・今日の500系。

山陽3000F、アルミ車両で本格的な量産設計の画期的な車両ですが、いよいよ運行終了まで数日を残すところとなりました。
最初、用事のついでに西舞子駅近くで構えたのですが・・・どうもダイヤを読み違えていたらしく、うまく巡り合いません。
そこで用事の一つを済ませてから再チャレンジ。
場所は舞子公園駅にしました。
(あくまでも買い物のついでです)
舞子公園駅を出る上り普通車、ヘッドマークもつけてもらった、山陽で一番有名な電車、3000Fの花道です。
1118舞子公園山陽3000A.JPG

ゆっくりと加速し接近します。
1118舞子公園山陽3000B.JPG

後尾3600、目の前を過ぎていきます。
1118舞子公園山陽3600A.JPG

本日の運用はこれが最後で、東須磨に入庫するそうです。
1118舞子公園山陽3600B.JPG

さて、時間間違いで撮影できなかった時にやってきた電車も。。
西舞子駅近くです。
なんと、6000系直特、6002F。
1118西舞子山陽6002直特.JPG

こちらは3060Fの3635、好きな編成ではあります。
1118西舞子山陽3635.JPG

さて、次の買い物に垂水区北部へ・・・
ここに来たからには、新幹線でしょ!!
長坂トンネル、本日は雨上がりの夕暮れ時刻。
N700Aが上っていきます。
1118長坂N700A上り.JPG

すぐに下り、この日本の列車は時刻が接近していて、いつも何とか一瞬並んでくれんかなぁ‥と思います。
並んでくれても時速280キロくらいは出てますけど。。
1118長坂N700A下り.JPG

500系「こだま」の下り。
後追いです。
架線ビームにお顔がかぶりました。
速すぎて難しい・・・新幹線です。
1118長坂500下り.JPG

上り500系「こだま」日暮れた後の時刻、都会の脇の丘陵が深山に見えてきます。
1118長坂500上り.JPG

このところ、仕事での営業成績が芳しくありません。
忘年会前の時期ですから仕方ないのですが、小遣いにも不自由しています。。。。
しばし、地元鉄に取り組むしかなさそうです。

posted by こう@電車おやじ at 19:40| 兵庫 ☔| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

秋色の新幹線と雨のデコイチ。

本日も用事の隙間にチョイっと鉄を。。。
何処へ行こうか迷いましたが・・まずは長坂トンネルへ・・
15:53ごろに通過する上り500系「こだま」
強烈な夕陽が画面にフレアを作ってしまいますが、それはそれで秋の雰囲気かと。
24ミリレンズです。
1116長坂500こだま上り.JPG

その列車の後ろ。
500系はほんと、角度によってイメージが変わります。。
1116長坂500こだま上り後ろ.JPG

用事をせねばならんので、いったん離れて、今度は玉津のイズミヤから。
N700、いつもきれいに写るなぁ…
1116玉津N700.JPG

ぼうっと電車を何本か、すべてN700・・を見ていたら、遠くからヘッドライトが‥
あれは700系、しかも編成が短い???
上りこだまは、さっきの500系が折り返してくるはず、しかも時間には5分ほど早いし・・・
臨時レールスター????

夕陽に照らされて、黄色い・・のではなく、車体が黄色だ!!
ドクターイエロー、まったくノーチェックでした。。
1116玉津DY.1.JPG

まさかここで撮ることになろうとは。。
1116玉津DY.3.JPG

後尾、のぞみ検測だけあって速いです。。。
1116玉津DY.5.JPG

ラッキーというか、運を使ってしまったのかというか、いやいや運が付き始めたというか・・・
遊んでみました。。。
細かいことなしね。。。
DY.合成.jpg

さて、500系こだま、まずは下りから。
1116玉津500こだま下り.JPG

連写。。。。
秒間5コマだと追いきれません。
1116玉津500こだま下り2.JPG

後尾・・・
日が暮れてしまいます。。。。
1116玉津500こだま下り3.JPG

上り500系「こだま」
1116玉津500こだま上り.JPG

さて、一昨日、11月14日、ミドルモアクラブのランチ会に久々に出席。
主催の美女、いつものmさん。
なんだかきれいになられました。。
1114ミドルモア瑞穂さん.JPG

で・・小雨の中、そのランチ会でお話が出たD51を見に行きました。
神戸駅前のシンボルとしてなんとか、町おこしに使えないかなぁ‥ということで‥

植込みの向こうのデコイチ。。
1114神戸D511072後方斜め.JPG

さだまさしさんの唄に「退職の日」というのがあります。
その冒頭、「公園のD51は/退職した後/ほんの僅かばかりのレールをもらって/もう動かなくなった」
というフレーズを思い出します。
この唄はお父さんの定年を歌ったものです。

その最後のフレーズもいい・・
「公園のD51は/愛する子供たちの/胸の中でいつでも 力強く/山道を駆け登っている/白い煙を吐いて 力強く/いつまでも いつまでも」

ここのデコイチの来歴を書いた石碑です。
1114神戸D51案内.JPG

ここに移動したことも・・・
1114神戸D51案内サブ.JPG

正面。
1114神戸D511072正面.JPG

この罐(カマ・・蒸気機関車はカマと呼んでいいんです、ただし字は罐と書きます)は昭和19年2月27日、日本車輛本店で完成し、函館に配属されたのが始まりです。
いわゆる戦時型で貴重な歴史の証人でもあります。

その後岩見沢、旭川、新得、五稜郭、滝川、追分、と北海道各地を転々とし、最後は追分で昭和51年3月に廃車になりました。
保存蒸気機関車が欲しかった神戸市と、この機関車の保存先を探していた国鉄との間に無償譲渡契約がなされたのは昭和53年5月27日、そして同年7月15日に元町へやってきたというわけです。

この罐が走っていたのは32年間、保存されてから39年と、すでに神戸へ来てからのほうが長くなってしまいました。
全景、公式側です。
1114神戸D511072正面斜め.JPG

テンダー。
1114神戸D511072テンダー.JPG

なお、ナンバープレートは複製で、製造所銘板などすべての銘板類は存在しません。
比較的きれいですが、これは個人ボランティアの方がずっと維持管理をされてきたからです。

デコイチの横の線路をずっと後輩の223系新快速が走ります。
1114神戸D511072・223.JPG

機関車に心があれば、どういう風に思うことでしょうか。
まだ、小綺麗なだけ幸せな機関車です。
なんとか、鉄道の町、神戸のシンボルとして輝かせてあげたいですね。
posted by こう@電車おやじ at 20:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

明石海峡と列車

本日11月12日、ちょっとした時間の隙間に、舞子の大歳山公園へ。
夕方のオレンジに染まる淡路島。
1112大歳山淡路夕景.JPG

ここで列車のシルエットを狙ってみようかと。。。
しかし家が建て込んできて、かつてのような眺望は開けませんが・・そこは今現在の姿ということです。
まずやってきたのがキハ189「はまかぜ」
このところ休日には6連で走っています。
1112大歳山キハ189はまかぜ.JPG

新快速225系。
1112大歳山225.JPG

新快速223系。
1112大歳山223.JPG

本日は103系回送の走る日です。
来ました。
明石海峡の夕景の中、103系電車のシルエットです。
1112大歳山103A.JPG

編成中間、パンタグラフが見えます。
1112大歳山103B.JPG

編成後尾。
海と103系。
1112大歳山103C.JPG

「国鉄・私鉄の思い出」更新しています。
今回は「岩木山と弘南鉄道」です。
http://kokutetu.seesaa.net/article/454835991.html
秋晴れの田圃は豊作でした。
弘南田舎舘3613折り返し.JPG
posted by こう@電車おやじ at 20:31| 兵庫 ☁| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする