2017年12月14日

都会と山の中

今日は疲れ果てていたのか、明け方に帰宅して食事の後は午後4時まで寝てしまいました。
何にもしないのが癪なので…新幹線を一本だけ撮影・・・
こだま744号、500系運用です。
1214長坂500系こだま1.JPG

一瞬で接近・・・
1214長坂500系こだま2.JPG

さて、一昨日、いつものミドルモアクラブでお昼ご飯食べに三宮へ・・

往路の運転台越しに…
新長田で321系。
1212新長田車内321.JPG

神戸で223系。
1212神戸車内223.JPG

電車賃の関係で元町で降りて帰りも元町で乗ります。
元町と言えば絶好の撮影ポイント・・・いつもの電車しか来ない時間帯ですが。。。
EF210-160.
1212元町EF210−160.JPG

下り快速223系。
1212元町223快速下り.JPG

上り新快速223系。
1212元町223新快速上り.JPG

阪急8103。
1212元町阪急8103.JPG

阪急9000系トップナンバー、9100。
1212元町阪急9000.JPG

阪急1000系1102。
1212元町阪急1102.JPG

山陽電車の姿も・・・3641。
1212元町山陽3641.JPG

ご飯食べたビルの階段から・・・
阪急9000系9002。
1212三宮阪急9002.JPG

食後に散歩していて・・
EF210-304のサイド。
1212三宮Ef210-304.JPG

207系を・・・
1212三宮207.JPG

ちょうど山の中と都会の中の写真を一度にアップした形になりました。。

posted by こう@電車おやじ at 21:26| 兵庫 ☔| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

夜の手前の大蔵谷駅。

本日は所用が重なり、垂水→母の病院→墓参→加古川とバタバタしていて、夕刻に再度、母の病院へ行くとき、1時間ほどの空きができました。
大蔵谷駅へ・・・

昨日の和田岬線運用が207系だったとの情報を得ていて、もしかしたら元からいた103が見られなくなるか・・・
あるいはそれでも207の列車線走行を撮影できても、それでもいいかと・・・

結論から言うと和田岬線の主である103が来ました。
1210大蔵谷103.JPG

来月のは間違いなく検査切れになるわけで…
そして代替の阪和線にいた編成も到着しているわけで…
さらには、207も6連に組み替えてスタンバっている編成もあるわけで…
でも、、本日は主の103が来てくれました。

後追い、ドン曇りの夕方と相まって目に染みる景色やなぁ…
1210大蔵谷103後追い.JPG

103系の直前にキハ189「はまかぜ」
本日も6連です。
1210大蔵谷キハ189はまかぜ.JPG

後追い、撮り方によってはこういう天気も悪くないですね。
1210大蔵谷キハ189浜風後追い.JPG

阪神8213後追い、青黒く染まる空にオレンジが映えます。
1210大蔵谷阪神8213.JPG

ほとんどスタンバイができてないときに、いきなり現れた山陽5008F、110周年記念号・・・
1210大蔵谷山陽5008.JPG

山陽3619、疑似アルミカー・・この頃、よく来てくれます。
1210大蔵谷山陽3619.JPG

110周年ヘッドマークとルミナリエ副票を付けた山陽5603(5006F)。
1210大蔵谷山陽5603.JPG

山陽3640(3070F)、こういう空模様で見ると、なんだかいつもと違う。。
1210大蔵谷山陽3640.JPG

HOT7000、「スーパーはくと」後ろの時計塔に明かりがつきました。
1210大蔵谷HOT7000.JPG

後追い、かっこいい・・貫通型でした。
1210大蔵谷HOT7000後貫通追い.JPG

本日も来てくれた5000F。
1210大蔵谷山陽5000夕景.JPG

すっかり暗くなった空の下、感度ISO12800、マニュアル露出、感度自動制御オフで、撮影しています。
シャッター速度250、絞り8・・
阪神8238・・・
1210大蔵谷阪神8238.JPG

最後は時計塔の照明に向かう223系新快速の後追い・・
1210大蔵谷223夕景.JPG
posted by こう@電車おやじ at 19:23| 兵庫 ☁| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

姫新線ドラ鉄+

K山さんから姫新線に行かないかとお誘い・・・運転はしていただけるので喜んで・・・ついていきました。。
まずは東觜崎・播磨新宮間揖保川橋梁で…
とりあえず橋梁の上り方にて・・・
姫新線の気動車はすべてキハ125形、キハ127形でどの列車を見ても代り映えしませんが、この代わり映えしない車両が絵になるグッドデザイン。。

キハ127、2連の上り列車から。
1208東觜崎キハ127上り.JPG

山にぶつかったところにトンネルがあります。
後ろの山は屏風岩と呼ばれています。
1208東觜崎キハ127上り2.JPG

今度は橋を渡って下り方の河原へ・・・
キハ122単行の下り列車。
1208東觜崎キハ125下り.JPG

単行の列車が接近します。
1208東觜崎キハ125下り3.JPG

その列車がすぐ先の播磨新宮で折り返してきました。
1208東觜崎キハ125上り.JPG

屏風岩の横の神社境内から、岩の上に登ってみました。
キハ127、2連の下り列車。
1208東觜崎俯瞰キハ127下り.JPG

橋をゆっくりわたります。
1208東觜崎俯瞰キハ127下り2.JPG

その列車が15分ほどして折り返してきます。
田圃の中を行く上り列車。
1208東觜崎俯瞰キハ127上り.JPG

揖保川の歴史や大きさを感じさせてくれる風景・・
1208東觜崎俯瞰気は127上り3.JPG

ここでさらに奥へ向かいます。
千本駅の近く、昼間は2時間に一度しか列車が来ません。
下り列車、キハ122の単行です。
里山の風景の中を走ります。
1208千本キハ125.JPG

神社の鳥居の前を通ります。
微妙にタイミングがずれました。。
案外、速いんです。
1208千本キハ125鳥居.JPG

もっと姫新線にいたかったのですが、EF6627が81レに入るという情報が…
今からでは81レは終わった後ですが、その折り返しの86レなら撮影できそうです。
K山さんにお願いして加古川まで飛ばしてもらいました。。。
ごめんなさい。。

加古川橋梁西側の土手です。
高御位山を背景に久々の27号機、ニーナが来ました!!
1208加古川土手EF6627.JPG

横顔、夕方の光に照らされます。
1208加古川土手EF6627アップ.JPG

最後は221系電車のシルエット・・
1208加古川橋梁221シルエット.JPG

K山さん、ありがとうございました!!!
posted by こう@電車おやじ at 20:07| 兵庫 ☔| Comment(2) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

濃いぃ時間の隙間鉄。

本日の時間の隙間はお昼前から2時ころまでと、夕方4時半から5時ころまで・・・
ちょうど、瑞風がお昼前に地元を通過しますから、そこから撮影しましょう・・・・
ということで平磯緑地の駐車場にクルマを停め、東垂水駅へ・・すぐに電車で垂水駅へ・・

金網の隙間から望遠で金網をぼかすやり方で…
瑞風・・・今回は譲ってもらった古いトキナー80−400ミリで挑戦です。。
221系快速と並んでやってきました。
1206垂水瑞風・221.JPG

接近します。
デザインは個性的ですが、なんとなく安心感がありますね。
1206垂水瑞風2.JPG

S字カーブをゆっくりと走ってきます。
ここは新快速は高速で突っ走る区間です。
1206垂水瑞風3.JPG

後追い、乗りたいなぁ・・・乗れないだろうなぁ…
1206垂水瑞風後追い.JPG

225系が貨物の脇をすり抜けるように行きます。
1206垂水225後追い.JPG

今日はEF200−20のドアップで…
1206垂水EF200-20.JPG

さて、電車に乗り、大蔵谷へ向かいます。
大蔵谷で一旦改札を出て・・230円・・・高いなぁ。。。。

入りなおして、上りホームへ。
本日も5000Fが来てくれました。
1206大蔵谷山陽5000.JPG

対照的に6001Fも。。
1206大蔵谷山陽6001.JPG

「スーパーはくと」、好きな貫通型先頭車でした。
1206大蔵谷HOT7000.JPG

さて、EF510-512、北斗星専用機だったブルーサンダー!!
ちょっと汚れすぎでは・・・・
1206大蔵谷EF510-512 .JPG

すぐに通常EF66運用の2077レ、本日はEF200の代走・・
EF200-20けん引、EF641043が無動力回送、伯備線機関車の定期的な交換のためです。
1206大蔵谷EF200-19・EF641043.JPG

後追い、EF64は愛知機関区所属で、岡山に常駐させるために交換が必要なのです。
1206大蔵谷EF200-19・EF641043後追い.JPG

で・・ここで久々のロクロクゼロ、EF6630の時刻・・・
と思ったらものすごい加速で223系が・・・・
結果・・完全に被り・・・
さっきのEF510は223に負けないくらい加速してくれたから撮影できたのですが・・・
なぜか10月以降、ここで快速が被ることが増えました。

で・・快速の後尾から何とか、去り行くEF6630を・・・・(T_T)
1206大蔵谷EF6630・223.JPG

仕方ないし、これは運のたまもので・・でも撮影場所、東垂水にすればよかった・・・

ちょっと落ち込んで撤収します。。
もう一度垂水で下車。
400ミリレンズ端で3640・・・いつもと違う感覚になりました。
1206垂水B山陽3640.JPG

で・・反対ホーム端へ・・・
先日ややピンアマになった「はまかぜ」リベンジです。
来ました!!!
6連はかっこいいです。
ホロ付き先頭もいい味ですね。
1206垂水Bキハ189はまかぜ.JPG

接近します。
いかにも気動車特急の顔、82系、181系、183系、185系と繋がってきた国鉄・JR特急気動車の正当な血統を感じさせてくれます。
1206垂水Bキハ189はまかぜ2.JPG

山陽の疑似アルミカー3619号が去っていきます。
1206垂水B山陽3619.JPG

さて、次の電車で東垂水へ・・・
直特5632が急カーブを曲がってきます。
なぜここが急カーブかというと、開業時の線路は向こうのほうからカーブせずに直進し、国鉄を横断し。国道上を走っていたのです。
戦後の改良で道路からは離されましたがS字カーブができました。。
1206東垂水山陽5632.JPG

今月いっぱいと言われる5006F110周年記念号が去っていきます。
1206東垂水山陽5006やまひこ.JPG

いつもはEF200のスジにEF66129が入りました。
1206東垂水EF66129.JPG

本日3機目のEF200、EF200-18!!
1206東垂水Ef200-18.JPG

さてここで一旦撤収します。
駐車場に止めていたクルマで線路際を離れます。

つぎはその3時間後、朝霧駅近くの狩口台でほんの15分ほどの暇です。
夕焼けの光が美しい海岸、山陽電車の架線柱です。
1206架線柱夕景狩口.JPG

キハ189「はまかぜ」、この時期は6連運用が多いのでいくらでも撮影したくなる列車です。
1206狩口キハ189はまかぜ.JPG

夕景の中、列車は軽いエンジンの音を残して走ります。
1206狩口キハ189はまかぜ2.JPG

103系が来ました。
本日は川重から出荷があるので、線路を開けるために103系は明石に戻っていました。
実は露出を失敗しています。
223系並みの強烈なハイビームを予想していたら、103系のヘッドライトはずっと穏やかな明かりでした。
1206狩口103.JPG

接近します。
1206狩口103B.JPG

去っていきます。
この編成、いよいよ来月に検査切れです。
いつ引退してもおかしくない・・・
1206狩口103後追い.JPG

本日の夕陽、雲に沈んでいきました。
1206狩口夕陽.JPG
posted by こう@電車おやじ at 20:34| 兵庫 ☀| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

疑問だらけのクリスマスツリー

神戸港、メリケンパークで世界一巨大なクリスマスツリーと銘打ったイベントが始まっていますね。
実はこのイベント、僕は最初から疑問に感じることが多く、ちょっと懐疑的になってみていたのです。

しかし、ま・・実物を見ないことには批判もできないし、案外良いと思えるかもしれない・・ということで、本日、雨の降る前のどんよりした雲の下、用事で元町と梅田へ行く必要があったのでその合間に見てきました。
元町商店街から歩いて、ホテルオークラの横を通り抜けるとこんな景色が。。。
1204メリケンパーククリスマスツリー1.JPG

なるほど、これがそうか〜〜〜と「あすなろ」の木の大きさに感嘆し、けれど、なんだか空模様ゆえか悲しげに見えるその景色に、やはり・・これは最初の直感が正しいのだと思わずにいられませんでした。

岸壁に沿って屋台の面々・・・
トン汁などもあり、なかなか魅力的です。。
1204メリケンパーク屋台.JPG

向かいにはちょうど日本丸。
個人的にはこっちのほうが好きですが、なにやら日本丸とはアンバランスな建物もできてしまいました。
1204神戸港日本丸.JPG

屋台以外にも公式とする小屋があり、各地での団体の活動や、あるいはステージイベント時のチケットを発売していました。
案外というか、やはりというか・・商業ベースですね。
そうか、鎮魂は商売になるのか。。。

さて・・主催者のウェブサイトhttp://soratree.jp/message.htmlによると、このクリスマスイベントは阪神淡路大震災の「鎮魂」が主目的だそうです。

お昼間の様子はのどかなものですが、夜に派手なライトアップをされるとイメージは大きく変わるでしょうね。
クリスマスを明るく楽しく祝うのは、聖母マリアが馬小屋での寂しいお産、それも町中が人であふれた日の、いかに中東とはいえ寒い冬の、その寂しさ、哀しさ、不安を、賑やかに祝うことでイエスとマリアを讃えようという風習からだと聞いています。

そういわれると、神戸の震災で亡くなった大勢の方々は、あの寒い朝の、真っ暗な中で亡くなられたのであり、せめて供養に明るいライトアップを・・・というのはわかります。
でも、命への祈りに・・命をささげてはなりません。
有機物であればそれはすなわち生命体であり、木材も紙も命を使って作られています。それはわかります。

けれど、生きている木を、祈りの象徴に用いながら、その木はイベントが終わるといわば命の終わりを迎えるわけです。

この木が、倒木の加工性のある大木だったと、そういわれますが、だったらなぜそれを一番最初に言わなかったのか。
あとで付け足した「後出しじゃんけん」に見えてしまいます。
市民への説明も不十分で、しかもイベント終了後の木の使い方も決めておらず、イベント主催者がこういういい加減なことでよいのでしょうか?

結果、イベント終了後に木は伐採して木材とし、生田神社に奉納するとか・・・

主催の西畠清順さんによると、木は神木ではない・・とのこと、だからどうなの???
神木ではない木は、いくらでも切り捨てていいということでしょうか。

僕らは確かに木を切らねば生きていけません。
でも、祈りの祭りの象徴として、そこに生きた木を置くわけですから、その木は祈りの対象です。
祈りの対象を切るのは、まさか、十字架に張り付けられたイエスを象徴するわけではありますまい。

それに、クリスマスイベントとしてやるなら、なぜに生田神社なのでしょう。
神戸には名だたるキリスト教会がたくさんあります。
それらキリスト教会と手を組み、この木を使って教会を建てるとか、市民の憩いの場をつくるとか・・・そう宣言するほうがまだ意味が通じる気がします。

そして、明るい祭りは確かに鎮魂の一つの形でしょう。
でも、派手すぎるものは鎮魂ではなく、鎮魂の名をかたるただの商業イベントであると書けば、言い過ぎでしょうか。
僕はルミナリエもそろそろ一旦幕を引いて、改めて1月17日を中心に、鎮魂を主目的として再構成すべきだと考えています。
にこやかに手をつなぐ恋人たちが、派手なライトアップを眺めるのは・・これは鎮魂などではない。

ポートタワーとホテルオークラを背景に「あすなろ」の木が屹立します。
木は今も必死で生きています。
1204メリケンパーククリスマスツリー2.JPG 

少し散歩することにしました。
お昼時であり、ランチクルーズに出かけた「ルミナス」「コンチェルト」を見ることができません。
いつもなら、その二艘の船に合わせて散歩するのですが致し方ありません。

ロイヤルプリンセス、本日は僚船のオーシャンプリンスはお休みとのこと・・・余計寂しい。。。
1204神戸港オロイヤルプリンセス.JPG

確かに海からライトアップされたツリー、その背後の神戸の街を眺めるのは美しいでしょうね。
余計に事前準備、事前説明のできていない主催者が悲しく思えます。

カモメが飛び交っています。
人間はあほやなぁ・・・といいたそう???
1204神戸港カモメ.JPG

ちょっと疲れました。。。
山陽電車の隠れたキャラクター、やまさんでも見て気を取り直し・・・やまさん、怒ってるし。。。
1204垂水山さん2.JPG

いやいや、昨夜の満月でしょう〜〜〜
1204満月.JPG

人が多いところは苦手な僕は、今年は派手なライトアップイベントには行かないようにも思いますが・・・
そこはそこ、女性と一緒なら別かも。。
posted by こう@電車おやじ at 21:15| 兵庫 🌁| Comment(0) | 時事戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする