2018年03月11日

阪急電車と戯れた日

はじめに:
本日、3月11日、東日本大震災から7年を迎えました。
あらためて、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
また、被災されたすべての方々が、どうか、自らの人生を取り戻していけますよう、ご祈念申し上げます。

******

3月10日、友人からお誘いをいただき、夕方から夙川の「ダイニングキノシタ」さんでお食事をということでした。
折角、西宮に行くのですからその前に軽く阪急電車と戯れてみよう・・
ということで・・高速バスで三ノ宮へ、阪急神戸三宮から阪急電車に乗り・・
まずは芦屋川。。
いろいろ撮影しましたが・・ここ、いつも電車が出会ってしまうんです。。
増えた1000系を…
0310芦屋川阪急1105.JPG

夙川へ・・・
特急電車を撮影する少年。。
0310夙川阪急7003.JPG

9000系トップナンバー(阪急社内風に書けばC#9000)。
0310夙川阪急9000.JPG

前2両がクロスシート。
8003F8103。
0310夙川阪急8103.JPG

わりに原形を保っている7000系の端正な姿。
7123。
0310夙川阪急7123.JPG

その後ろは8000系の増結編成。
8035、太陽に向かって出発。
0310夙川阪急8035.JPG

好きな5000系が今津線に集結しているという噂を聞いています。
ちょっと覗いてみます。

乗った電車も5012でしたが、その車内から。
仁川駅に7001が停車。
向こうにはまもなく出発する1000系の臨時準急が見えています。
そう、この日は競馬の日でした。
0310仁川車内から阪急7001.JPG

逆瀬川でちょっと降りて・・
不思議な縁のある5010が来てくれました。
須磨浦特急時代からの長いお付き合いの電車です。
それにしても今津線では高出力5000系はパワーを持て余しているのでは。。
0310逆瀬川阪急5010.JPG

宝塚南口。
5004と5006が出会いました。
0310宝塚南口阪急5004・5006.JPG

その5004のアップ。
今この路線にいる5000系はすべてリニューアル済み、車内も綺麗です。
0310宝塚南口阪急5004.JPG

唯一本となった3000系が来てくれました。
3056です。
0310宝塚南口阪急3056.JPG

駅から外へ出てみます。
久しぶりに武庫川橋梁へ。
宝塚大劇場をバックに5000系が並びます。
劇場は建て替えられ、電車も数代入れ替わりましたが、昔の810系の頃を思い出します。
0310武庫川橋梁阪急5002・5012.JPG

5010が大劇場の脇を行きます。。
0310武庫川橋梁阪急5010.JPG

そろそろ時間です。
やってきた5012に乗って、西北へ向かいます。
西宮北口で夕陽が金色でしたので‥ちょっと食事会には遅刻かなぁ‥と思いながらも数カット。。。
夕陽の光を煙のように見せながら・・7003入線。
0310西宮北口阪急7003.JPG

9000が全身に夕陽を浴びてやってきます。
0310西宮北口阪急9000.JPG

最後は夕日の金色に染まった1008。
この一枚を撮れただけでも値打ちはありました。
0310西宮北口阪急1008.JPG

夙川駅、そろそろ夜が始まります。
7022です。
0310夙川B阪急7022.JPG

ダイニングキノシタには、甲子園で星野仙一さんの追悼試合を見てきた友人たちが集まっていました。
直接には初めてお会いする方もあり、そして鉄談義が長く続きました。
最後はマスターも加わって・・・
夙川の夜が更けていきます。
posted by こう@電車おやじ at 07:21| 兵庫 ☀| Comment(2) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

本日の新幹線と一昨日の日乃電さん。

本当は本日は疲れていたので丸一日寝て、できれば少しスキャンを頑張ってもいいかなと思っていたのですが・・
何気なくTwitterをチェック・・・
寝とったらあかんやん〜〜〜
鉄先輩のK山さんをお誘いするとまだ見たことないとのこと・・・
D.Y.なんですけどね。。。。。
それでは是非にご一緒にと長坂トンネルへ。。。
本日ワタシは流し撮りを頑張ることにしました。。。
って、やはりどうしても押さえておきたい一枚・・
ワイドで先端が強調され縫い針のような先鋭さ・・500系こだまです。
0306長坂500系こだま上り.JPG

N700が目の前で出会いました。

相対速度たぶん時速560キロ以上…
0306長坂N700出会い.JPG

N700「さくら」・・同じN700でも車体の色合いが違うだけで別のシリーズに見えてしまいます。
微妙な青が出ました。
0306長坂N700さくら.JPG


ドクターイエロー923!!
ややピンアマになってしまいました。。
0306長坂D.Y..JPG

後追い、激しくぶれてかなりピンアマ・・・
でも流し撮りってこういう激しい感じもいいんではと自分で自分を慰めます。
ちなみにK山さんのモニターを見せてもらったらお見事でした。。
負けました。。。
0306長坂D.Y.後追い.JPG

K山さんは先に帰られ、ワタシはもう少し頑張ることで…
500系の頭の流し撮り、1/250だったのですが、案外列車が遅く。、あまり流れませんでした。
かつての0系のようなチャッチゃチャッチャという走行音で来ました。
時速180キロくらいかな・・
0306長坂500系こだまアップ.JPG

この後用事で伊川谷方面へ行く必要があり、その前に明石川を望むショッピングセンターへ・・・
下りが先に来るはずが微妙に遅れて、上り「こだま」が先に来てしまいました。
700系レールスター、後追いしか撮れませんでした。
0306明石川700系レールスターこだま.JPG

数分遅れでやってきた500系こだま。。。
0306明石川500系こだま下り.JPG

さて、一昨日、板宿の昆布屋さん兼模型屋さん兼居酒屋で3月4日、「サンヨーの日」を祝して鉄道模型のイベントがありました。
ワタシは模型はやらないのですが、山陽電車のことゆえ・・またFacebookで「山陽電車を愛する会」なんてグループを運営もしている関係で‥顔だけ出してすぐ帰ろうと‥参加しましした。
なぜか、モワ5が2両も繋がっています。。。
0306日の電山陽モワ5.JPG

アカン・・・ツボに嵌りました。。
次に来たのが200形って…
0306日の電山陽201.JPG


んで709・・・
実はこの電車が登場したこと全く覚えてません。。。
すでにべろんべろんだったのでしょうね。。。
0306日の電山陽709.JPG

なぜか、地下鉄で帰ろうという友人たちを振り切って一人山陽電車へ・・・
ホームに入ってきた5000系(だったと思う)直特の、空ている車内でわざわざロングシートに腰掛け・・
背中からボウっと温められる暖房に心地よく…
気が付けが列車は高速で飛ばしていました。。
んんんん????

こんなにスピードが出るのは明石の手前かな・・乗り過ごしたなぁ‥と思っていると・・
停車したのはこの駅。。
0306higasihutamisnanyou5000.jpg

東二見でした。。
なんとか、まだ上りがあったものの…
トホホのタクシー帰宅と相成りました。。

posted by こう@電車おやじ at 20:58| 兵庫 ☁| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

神吉・志方・平荘の山々と新幹線

一昨日、加古川右岸で撮影した新幹線の写真、ちょっと画質を上げて、また列車の方向をそろえて再アップします。
僕は加古川市東神吉で中学時代を過ごし、片道3キロ半の道のりを自転車で通学していました。
高校時代は鷹取工場併設の寮で‥
そして高砂工場時代にまた東神吉から今度は片道7キロを自転車やバイク、クルマを使い分けて通勤しました。
往路は背中に、帰路は進行前方に、さして標高もないせいぜい100〜300メートル級の平野に屹立する小高い山があったのです。
写真はN700「さくら」
0302B加古川新幹線N700さくら.JPG

生まれ育った都会から離れた寂しさは、この地の明るく開放的で人懐こく、裏表のない人間関係によって癒され、ある時期はすっかり加古川で生まれ育ったかのごとくになり切った感があります。
それは、親父が加古川別府で急に亡くなり、やむなく母が中学生を筆頭にした幼い兄弟姉妹を引き連れて、この地に住むしかなかったという事情もあるにせよ、思春期の精神的成長のバックボーンとしては申し分のないものでした。

僕がいまだに時折、播磨の・・それも旧印南郡の人であるかのような思考をするのはそれがあったからですが、自分としては神戸・湊川を本来の故郷というなら、加古川右岸は第二の故郷ともいうべきところです。

その第二の故郷を強く意識した写真・・以前から考えていた構図なのです。
700系レールスター「こだま」、望遠で圧縮され、浮かび上がる平壯湖畔の飯盛山を背景に行きます。
0302B加古川新幹線700レールスターこだま.JPG

東神吉、神吉山とその尾根続きの黒岩山を背景に500系「こだま」が行きます。
中学時代、この辺りの山によく登りました。
岩山であり、それが故育たない低い灌木、急峻ですが高さはさほどありません。
0302B加古川新幹線500こだま1.JPG

なぜに今頃こういう写真を撮影しようとするのか・・
かつてはここで撮影しても、気が付かなかったシーン・・・
ああ・・それこそカメラの進歩でしょうか。
かつてのニコンFEやF2、FMを使っていたころに比べれば、昨今のデジタルカメラの画質、感度、そしてレンズの高性能化は目を見張るものです。
夕暮れ時に走行中の新幹線を撮影でき、高倍率、高画質の、しかも、コストダウンも計られたレンズがあって、初めてこういう画面の切り取りをしようという気になったのは間違いがありません。

日没後、この画質で新幹線を撮影できる・・
このカメラは少し古いカメラで、高感度という点ではもう一台のカメラに劣ります。
シャッター速度1/1000を維持するのにカメラの自動制御がISO2000を指していました。
これでもフィルム時代の実用400、最高で粒子あれあれの1600の画質とは比すべくもありません。
つまりフィルム時代には撮影できなかった写真となってしまいます。
923形検測車「ドクターイエロー」背景は飯盛山です。
0302B加古川新幹線ドクターイエロー.JPG

陽が落ちてしまった後、どんどん周囲が暗くなる・・
その中でシャッター1/250で少し車体が流れました。
500系「こだま」
0302B加古川新幹線500こだま2.JPG

イメージしたものが撮影できる・・・
そしてその画質はかつてでは考えられないほど(ブログ掲載時にサイズダウンしています)に上質なものであり、そして・・そこに写真屋の介在する余地もないこと。。。
鉄道を辞め、写真業界に人生をかけた僕にとっては、自分が撮影した写真で時代の進化とある種の寂しさを感じるのでもあります。

これはここ数年、夏至の頃にテーマにしている「サンライズ」撮影などではもっとカメラ技術の真価が問われるのですが、今回は思い入れの部分でふっと感じたわけです。

浜手に目をやれば、かつて親父が半年だけ勤めた巨大製鉄所の高炉が激しく湯気を上げています。
そういえば今の自分の身内にもここに関係する人もあり、いやいやそういえば、僕が自分の意志で国鉄に入ったとき、実は、母は僕がここに入ってほしいと願っていました。
たおやかな大河の流れの向こうの製鉄所をバックに、山陽電車5022Fが川を渡っていきます。
0302B加古川山陽5611.JPG

いろんなことを考え、自分の来し方を思い出す…
午後の加古川河畔でありました。

posted by こう@電車おやじ at 16:05| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

ワンデイチケットで鉄散歩

このところどうも精神的な疲れがあるようで・・
今日も明け方に帰宅したら、そのまま寝てしまうつもりでした。
しかし、心の疲れは寝ても取れません・・・・・

ふっと起きた時に「貨物ちゃんねる」をチェック・・
お!!!

そしてツイッターをチェック・・お!!おお!!!!

お出かけすることにしました。
お天気は良いし、少し肌寒いものの三月ということが気持ちだけでも春を感じさせてくれます。
山陽垂水駅で「垂水姫路ワンデイチケット」を購入。。
まずはここで・・
紅一点、EF510−14、真正面から!!
(線路がカーブしていて、超望遠手持ちです)
0302垂水EF510−14.JPG

そして、久々にEF6630!!
ロクロクゼロ、30号機、なんだかとてもきれいでした。
0302垂水EF6630.JPG

思い切り引き付けて〜〜〜
0302垂水EF6630・2.JPG

山陽6006と3050の出会い。
歳の差47年。。。
0302垂水山陽6006・3050.JPG

ここで一旦改札を出て散髪。。。。

で・・あらためて入りなおして・・・
山陽直特5016。
0302垂水山陽5016.JPG

中間の5511号、窓枠が黒く塗られています。
また、窓の形態も含め、このクルマとあと1両5510があるだけの異端児でもあります。
0302垂水山陽5511.JPG

で・・直特は阪神・・ロングシートに座って、少し車輪にフラットが来ていますが、それでも乗り心地が良いですね。。
寝てしまいそう・・

気になることがあったので、一旦東二見で下車・・
車庫の周囲を歩きました。
お目当てのものはなく、休車札をつけられた編成が何本もあるのが寂しいです。
アップするほどのこともなく、そのまま西二見へ歩きます。

イトーヨーカ堂横から5014直特。
0302西二見山陽5014.JPG

西二見から電車に乗り、一旦別府へ・・
「ラーメンまいど」さんで遅い昼食をとり・・店主としばし雑談・・・

で・・今度は妻鹿へ・・
というか、乗っていて寝てしまい・・目が覚めたら妻鹿だった。。

せっかくなので妻鹿の市川橋梁で撮影。
6000系6105・・・
0302妻鹿山陽6105.JPG

今度は6107が来たのですが、5020Fと被りました。。
0302妻鹿山陽5610・6007.JPG

さて、加古川の土手へ行くことにします。
大塩で直特に乗り換えるとき、下りの直特を撮影しました。
0302大塩山陽5609.JPG

高砂で電車を降りて・・歩きます。
阪神電車・・こうして撮影すると、なんだか本当に長距離の都市間電車が、町と町の間の田園地帯を走っているような・・
0302加古川山陽1阪神8000.JPG

ミーツカラーズ台湾号、5605が来てくれました。
0302加古川山陽2・5605ミーツカラーズ.JPG

製鉄所の高炉の水蒸気でしょうか・・・時折激しい蒸気が上がります。
その風景を背景に3050系アルミカーが行きます。
0302加古川山陽3・3050系.JPG

さて、本日ここに来たのは新幹線を見るため・・
しょっちゅう見ていますが、新幹線を眺めてうまく撮影出来たら、気分的な疲れも吹っ飛ぶような気がします。
今日は僕にとって第二の故郷ともいうべき、神吉・志方・平荘の山々を背景に入れたく、この場所をセレクトしました。
背中に夕陽があたり、なんだかポカポカします。
N700A・・川と山と空のコントラスト!!
0302加古川新幹線1・N700A.JPG

こちらはN700「さくら」
背景は平荘の飯盛山、神吉の黒岩山です。
0302加古川新幹線2・N700さくら.JPG

500系の上り「こだま」
0302加古川新幹線3・500こだま上り.JPG

こちらは500系の下り「こだま」
0302加古川新幹線4・500こだま下り.JPG

上り700系レールスター「こだま」
日没前の太陽光を受けて走ります。
0302加古川新幹線5・700レールスターこだま.JPG

飯盛山を背景にN700Aが行きます。
そろそろ夕陽のオレンジが強くなってきました。
0302加古川新幹線6・N700A.JPG

気象上の日没まではまだ10分以上ありますが、さすがに日が当たらなくなってきました。
でも、この抑えた色調、とても加古川とは思えないです。
0302加古川新幹線7・N700A.JPG

そして・・この列車がお目当てでもありました。
「ドクターイエロー」923形、こだま検測です。
すでに太陽からの直射日光は届かず、静かな色調の中を行きます。
0302加古川新幹線8・923D.Y..JPG

抑えた色合いの景色に鮮烈な黄色が花を添えます。
0302加古川新幹線9・923D.Y..JPG

最後にもう一本、下り「こだま」500系。
すでに日没後とあって、シャッター速度が高くて取れないので流してみました。
0302加古川新幹線10・500こだま下り.JPG

なんだか、いろんなことを考えました。
僕が始めて新幹線を撮影したこの場所・・すでに最初の時から50年以上が経過しています。
あの第二の故郷の山々を背景に入れながら・・
気持ちがふっと落ち着くのを感じます。

夜の帳が降りた高砂駅。
6001の普通電車。
0302高砂山陽6001.JPG

そして最後は6000系直特が暮れなずむ西へ向かいます。
それにしても6000系、増えました。
0302高砂山陽6002直特.JPG

posted by こう@電車おやじ at 21:13| 兵庫 ☀| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

お金もないしクルマはあるけど電車を見ようよ

タイトルは谷山浩子女史「あそびにいこうよ!」をパロってみました。。
といっても、アルバムの中の作品ですから・・ファンでないとわからんですよね。。。

元歌詞、3番です。。
****

お金もないし
クルマもないけど
ねぇ、遊びに行こうよ
二人で行けばどんなとこでもきっと楽しいから
電車に乗って子供の頃の町を
訪ねてみようよ

****

クルマって言ってもK4ですが・・
今日はお買い物もなし、給料前で・・お金もないので通院もお預け(;^_^A

で・・乗るのは一番高価な新幹線を眺めるという楽しい矛盾です。

まずはこの列車を目指して・・
いつもの長坂トンネルです。。
500TypeEva!!
5月までの運転と発表になりましたね。
0226長坂500EVA.JPG

その直前、下りこだま、700系レールスターでした。
0226長坂700レールスター.JPG

そのちょっと前はN700a。。
0226長坂N700a.JPG

さて、Evaを撮影してから、ちょっと時間があるので場所を変えます。
目指したのは明石川を眺められる巨大スーパー。

N700Aシャッター速度1/250だとそれなりに流れてくれます。
0226明石川N700A.JPG

よし、これで新大阪で折り返してくるEVAを撮影するぞ〜〜〜
って・・
西明石停車ゆえ・・かなり減速していることを忘れました。
同じシャッター速度ではほとんど流れてくれません。。。
0226明石川500EVA.JPG

さて、ここのお店で安いコーヒーを買って、次はまた長坂トンネルへ・・
上りN700,さくらです。
0226長坂2・N700さくら.JPG

こちらは下り、お天気も良くて、車両の微妙な色合いがきちんと出てくれます。
0226長坂N700さくら上り.JPG

で・・見たかったのは黄先生、DoctorYellow923です。
鮮やかな黄色が春まだ浅い山の中に映えます。0226長坂D.Y..JPG

後尾を上から。
0226長坂D.Y.アップ.JPG

この後帰宅し、モノクロのスキャンを頑張っていました。
これで自分が撮影した過去のフィルムのうち、モノクロは7割ほどはデジタル化できたのではないでしょうか。
あと、カラーフィルムとリバーサルという難関が待っていますが・・・
posted by こう@電車おやじ at 20:41| 兵庫 ☀| Comment(0) | 鉄道戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする